ADVERTISEMENT

西島秀俊、宮沢氷魚の美しいシルエットを絶賛「天使ってこんな感じなんだろうな」

西島秀俊
西島秀俊

 俳優の西島秀俊が1日、東京・新宿区にある花園神社で行われた映画『グッバイ・クルエル・ワールド』(9月9日公開)の大ヒット祈願イベントに登場し、撮影中に宮沢氷魚に対して感じた印象を語った。この日は共演の斎藤工大森南朋も来場した。

西島秀俊からの絶賛に笑顔の宮沢氷魚【写真】

 本作は、高田亮が脚本を手掛け、大森立嗣監督がメガホンをとるオリジナルクライム・エンターテインメント。互いに素性を明かさずに集まった強盗たちが、ヤクザ組織の資金洗浄現場で大金を強奪したものの、ヤクザから追い込みをかけられ大騒動を繰り広げる。

ADVERTISEMENT

 御祈祷を終えた西島は「突然の雨の中、ありがとうございます」と報道陣に感謝を述べる。「ハードな映画ですけど、御祈祷は厳粛な空気で静かな気持ちになって、とてもいい大ヒット祈願になったと思います」とにっこり。宮沢は「花園神社に来るのは初めてで、美しくて神聖なる場所に来られて、うれしく思っております」と喜んだ。

 その後、撮影を振り返った一同。西島は、本作では銃撃戦などでもCGを使わず、体に衝撃を受けながら演じていたことを明かしつつ、実際にガソリンスタンド一軒を燃やしたシーンを挙げて「迫力がすごかった」と目を丸くする。さらに、同シーンでの大金を求める美流役の玉城ティナと、美流に魅入られたピンクヘアーの武藤役の宮沢について「(二人の)炎を背景にしたシルエットが美しくて、天使ってこんな感じなんだろうな(と思いました)。怖いんですけど、神々しい感じ。恐ろしいけど美しいものが来る感じが印象に残っています」と話す。

 それに対して、宮沢は「初めて言われました。うれしいです」とはにかみながら、「ガソリンスタンドのシーンは熱風がすごくて、気持ちが乗っかって、リアリティーに後押しされてお芝居することができました」と自信をのぞかせた。

ADVERTISEMENT

 斎藤は、顔にタトゥーを入れた闇金業者・萩原役としてチェーンソーで壁をくり抜くシーンを挙げ、「一発本番だったので、チェーンソーをちゃんと扱うことに注力していて役作りができていない」と苦笑い。加えて、ガラスは割れやすいものではなく、セットに見合った強度が高いものだったため割れなかったことも打ち明け、「本物を用意してくださった」とスッタフの作品にかける思いに脱帽していた。

 また、同世代の西島と大森は撮影を「楽しかった」と思い返しながら「もっと共演したい」と互いに熱望する。西島は「同世代でしっかり共演することがだんだんなくなってくるので、ぜひ、同世代の俳優を集めた作品を作っていただきたい」とリクエストすると、大森も「おじさんだらけの青春映画。走りましょう!」とノリノリだった。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT