ADVERTISEMENT

ベネチア金獅子賞は写真家の薬害抗議活動追うドキュメンタリー 『LOVE LIFE』受賞ならず

第79回ベネチア国際映画祭

金獅子賞を手にしたローラ・ポイトラス監督
金獅子賞を手にしたローラ・ポイトラス監督 - Andreas Rentz / Getty Images

 現地時間10日、第79回ベネチア国際映画祭コンペティション部門の授賞式がイタリアで行われ、最高賞にあたる金獅子賞を、ローラ・ポイトラス監督の『オール・ザ・ビューティー・アンド・ザ・ブラッドシェッド(原題) / All the Beauty and the Bloodshed』が受賞した。日本から出品されていた深田晃司監督作品『LOVE LIFE』の受賞はならなかった。

 『オール・ザ・ビューティー・アンド・ザ・ブラッドシェッド(原題)』は、『シチズンフォー スノーデンの暴露』でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したポイトラス監督が、写真家のナン・ゴールディンに密着した作品。アメリカで深刻な健康問題を引き起こしている鎮痛剤「オピオイド」。自身もオピオイド依存に苦しんだゴールディンが、この薬を販売するパーデュー・ファーマ社のオーナーである富豪サックラー家を相手に抗議活動を展開する姿を追う。

 銀獅子賞(審査員大賞)は、フランスで実際に起きた事件をベースにした『サントメール(原題) / Saint Omer』が受賞。同作を手掛けたアリス・ディオップ監督は、最優秀新人監督賞にあたるルイジ・デ・ラウレンティス賞も受賞した。また、最優秀女優賞を『タール(原題) / Tar』のケイト・ブランシェット、最優秀男優賞を『イニシェリン島の精霊』のコリン・ファレルが受賞している。

ADVERTISEMENT

 日本映画では、クラシック部門において、鈴木清順監督の『殺しの烙印』4Kデジタル復元版が最優秀復元映画賞を受賞する快挙。オリゾンティ部門に出品されていた妻夫木聡主演の石川慶監督作『ある男』は受賞を逃した。(編集部・入倉功一)

第79回ベネチア国際映画祭主な受賞結果は以下の通り

■金獅子賞(最優秀作品賞)
『オール・ザ・ビューティー・アンド・ザ・ブラッドシェッド(原題) / All the Beauty and the Bloodshed』(アメリカ)
ローラ・ポイトラス監督

■銀獅子賞(審査員大賞)
『サントメール(原題) / Saint Omer』(フランス)
アリス・ディオップ監督

■銀獅子賞(最優秀監督賞)
『ボーンズ・アンド・オール(原題) / Bones and All』(アメリカ)
ルカ・グァダニーノ監督

■最優秀女優賞
ケイト・ブランシェット
『タール(原題) / Tar』(アメリカ)

■最優秀男優賞
コリン・ファレル
『イニシェリン島の精霊』(アイルランド、イギリス、アメリカ)

■最優秀脚本賞
マーティン・マクドナー
『イニシェリン島の精霊』(アイルランド、イギリス、アメリカ)

ADVERTISEMENT

■審査員特別賞
『ノー・ベアーズ(英題) / No Bears』(イラン)
ジャファル・パナヒ監督

■マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)
テイラー・ラッセル
『ボーンズ・アンド・オール(原題) / Bones and All』(アメリカ)

【オリゾンティ部門】
■オリゾンティ賞(最優秀作品賞)
『ワールド・ウォー・スリー(英題) / World War III』(イラン)
フーマン・サイアド監督

【ルイジ・デ・ラウレンティス賞(最優秀新人監督賞)】
アリス・ディオップ監督
『サントメール(原題) / Saint Omer』(フランス)

【クラシック部門】
■最優秀復元映画賞
『殺しの烙印』鈴木清順監督

【VR部門】
■最優秀VR作品賞
『ザ・マン・フー・クドゥント・リーブ(原題) / The Man Who Couldn’t Leave』(台湾)
チェン・シンギン監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT