ADVERTISEMENT

ジブリパーク「ジブリの大倉庫」映像展示室、企画展示、ショップやカフェの情報公開

「ジブリの大倉庫」の情報が公開
「ジブリの大倉庫」の情報が公開 - (C) Studio Ghibli

 スタジオジブリの世界を表現した施設「ジブリパーク」が、11月1日、愛知県長久手市、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内に開園する。第1期に開園する3エリアのうち、メインエリアとなる「ジブリの大倉庫」の情報が公開された。

メインエリア「ジブリの大倉庫」映像展示室、企画展示、ショップやカフェなどを初公開【写真】

 「ジブリの大倉庫」は、ジブリの大博覧会となり、1つの巨大な施設の中に、映像展示室をはじめ、3つの企画展示室、ショップやカフェなど、“ジブリ”がぎゅっとつめこまれる。

ADVERTISEMENT

 席数約170の映像展示室「映像展示室オリヲン座」は、「三鷹の森ジブリ美術館」だけで上映されているスタジオジブリ制作の短編アニメーション全10作品が順番に上映される。開園時の上映作品は『くじらとり』となる。

 ジブリ作品の登場人物になりきり、名場面の中に入りこめる体験型の展示「ジブリのなりきり名場面展」の展示数は13作品、14コーナー。『千と千尋の神隠し』で海上を走る不思議な電車に乗るカオナシが展示され、横に腰掛けて千尋になりきることができるという。

 三鷹の森ジブリ美術館で開催され好評を博した企画展示「食べるを描く。」増補改訂版も。ジブリ作品の食べ物はなぜおいしそうに見えるのか、その秘密をひも解く展示で、新たに『千と千尋の神隠し』『コクリコ坂から』『アーヤと魔女』3作品の資料が追加され、コクリコ荘の台所も再現される。

 3つ目の企画展示「ジブリがいっぱい展」では、世界中から集めたジブリ作品のポスター、映像・音楽パッケージ、書籍などが一堂に展示される。

 全ジブリ作品に関連するグッズに加え、ジブリパークのオリジナル商品を取りそろえたショップ「冒険飛行団」や、長距離飛行のパイロットが操縦しながら片手でとる食事をイメージしたサンドイッチやピザが並ぶ「カフェ 大陸横断飛行」なども。

ADVERTISEMENT

 また、地元産の牛乳をオリジナルデザインの瓶で提供するカウンター式のミルクスタンド「ミルクスタンド シベリ・あん」では、『風立ちぬ』に登場したカステラであんこを挟んだお菓子“シベリア”も食べることができるそうだ。

 なお、ジブリパークのチケットは、毎月10日発売で、エリアごとに日時指定の予約制となる。12月入場分の抽選販売は9月10日あさ10時から21日23時59分までとなる。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT