ADVERTISEMENT

坂口健太郎、岡田准一との食事会に大遅刻…Tシャツ&サンダルで参加

映画でバディを結成した岡田准一&坂口健太郎
映画でバディを結成した岡田准一&坂口健太郎

 俳優の坂口健太郎が17日、丸の内TOEIで行われた映画『ヘルドッグス』の公開記念舞台あいさつに主演の岡田准一と出席し、大失態をおかしたという岡田との食事会を振り返った。この日は、松岡茉優MIYAVI原田眞人監督も登壇した。

【画像】妖艶…極道の女を演じた松岡茉優

 『ヘルドッグス』は、警察小説の概念を破壊した深町秋生の問題作をベースに、『燃えよ剣』などの原田監督が映画化したアクション。関東最大のヤクザ組織・東鞘会に送り込まれた元警察官・兼高(岡田)が、組織のサイコボーイ・室岡(坂口)とバディを組み、ある事実を暴こうとする。

ADVERTISEMENT

 「この劇場に立たせてもらうのはすごく久しぶりで、いろいろ映画に対する思いとか、昔ここに立った時と変わらず、ここに立っている幸せを感じています」とあいさつした岡田。きのう迎えた公開初日は、「主演という立場からすると、緊張したり、嬉しい瞬間だったり、両方あるんですけど、そんな時間を坂口くんと一緒にご飯を食べながら、ドキドキしながら過ごしました」と打ち明けた。

 一方の坂口は「わりと大遅刻をしてしまったんですけど」と告白。「そんな中でも岡田さんは優しく待っていてくださり、美味しい食事をとりながら……」とうれしそうに話すも、突然岡田から「Tシャツとサンダルで来たよね」と先輩との食事会にかなりラフな出で立ちで現れたことをリークされて苦笑い。それでも、「現場が押してしまって」とフォーマルな格好に着替える時間がなかったと釈明しつつ、岡田と食事ができたことを喜んでいた。

 そんな二人に対して、組織の若きトップ・十朱義孝役のMIYAVIは「昨日の食事会、聞いてなかったんですけど」とボヤくと、自分だけホワイトで、岡田たちがダークカラーの衣装であることに対しても「僕だけドレスコード聞いてなかったので……」とたたみかけて、会場の笑いをさらった。

ADVERTISEMENT

 とはいえ、仲の良さがうかがえる一同は、撮影を振り返りながら楽しくトークを展開した。そして岡田は、「たくさんの方の意見を見ていると、『0か100』『好きかどう思うか』という(両極端の)映画になっていると感じます。そんな中でも、『とても好きだ』という方が、熱く『好きだ!』と言ってくださる映画になっていることを誇りに思います」と自信を見せると、「試しに観に来ていただけると嬉しいです」と呼びかけた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT