ADVERTISEMENT

小芝風花、マジメな川村壱馬に嬉しいギャップ お祓いを猛練習

大量発生? 貞子に囲まれた川村壱馬と小芝風花
大量発生? 貞子に囲まれた川村壱馬と小芝風花

 小芝風花川村壱馬THE RAMPAGE)が28日、都内で行われた映画『貞子DX』(10月28日公開)の完成披露試写会に出席し、お互いのギャップ萌えするような一面を語り合った。この日は、黒羽麻璃央木村ひさし監督も来場した。

【画像】小芝風花&川村壱馬が貞子に囲まれる!【9枚】

 本作は、「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」“呪いのビデオ”の恐怖を描き、呪いの元凶である貞子の存在を世に知らしめた人気ホラーの最新作。IQ200の大学院生・一条文華(小芝)が、自称占い師の前田王司(川村)、謎の協力者・感電ロイド(黒羽)と共に、貞子の呪いの方程式を解明するために奔走する。

ADVERTISEMENT

 小芝はオファー時を振り返り、「いろんな方が代々やられてきた有名な作品にキャスティングしていただけたことが光栄でした」とにっこり。とはいえ「怖いのは苦手」だそうで、「『リング』とかは幼い頃に観てトラウマになり、トイレに夜一人で行けなくなったりするくらい怖かった印象がありました。だから、撮影中に呪われないようにしなきゃと思いながら臨みました」と気合が入っていたことも打ち明ける。

 一方の川村は「衝撃でした。いろいろやりたい役がある中で、ホラー映画の話をいただけると思っていなかったので、シンプルにめちゃくちゃうれしかったですし、光栄に思いました」と感激しきり。自身が演じる王司ついても「ものすごいウザキャラなので、楽しんでいただけたら」とファンに呼びかけた。

 そんな川村について、黒羽は「ヘタレじゃないけど、おモテにならないだろうなというタイプの男の子を演じているんですけど、(THE RAMPAGEの)ライブに行ったときに、ギャップでどうにかなりそうでした。アーティストさんとして活動している姿を見たときにヤベーな……というのがありました。格好いいです」と羨望のまなざし。

 小芝も「今回が初めましてなので、ネットで調べていたら、出てくる写真が結構強かったから、怖い人だったらどうしようと思っていました」と川村に対する当初の印象を伝えると、本作にまつわる御祓いの時も「ずっと一人で隅に座って“スン”としていらして、話しかけない方がいいのかなと思いました」と告白。しかし実際には、玉串を神様にささげる所作を猛練習しており、「ヒジを張った方がいいらしいですよ」などとアドバイスをくれたといい、「この人、真面目だー! と思いました。ギャップを感じました」と明かし、川村を「恥ずっ」と照れさせていた。

 また、川村も小芝との共演を「スタッフさんの名前を覚えてくるとか、あたり前かもしれないですけど、できない人も多い中でそれを全うして、みなさんに気配りをされている姿は学びになりました」と回願。「リスペクトできる存在」と称賛していた。(錦怜那)

映画『貞子DX』は10月28日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT