ADVERTISEMENT

「相棒」右京×薫コンビの復活は運命 水谷豊&寺脇康文、DNAに刷り込まれた信頼関係

14年ぶりに再会を果たした杉下右京&亀山薫
14年ぶりに再会を果たした杉下右京&亀山薫 - (c)テレビ朝日・東映

 水谷豊主演の人気刑事ドラマ「相棒」に、14年ぶりに初代相棒・寺脇康文が帰ってきた。長寿番組とはいえ、卒業したキャストがレギュラーとして復帰するのは極めて珍しいことだろう。12日よりスタートした「相棒season21」で再タッグを組む水谷と寺脇が、「相棒」という作品、お互いの関係性について語った。

【写真】懐かしい…笑顔の右京さん&薫ちゃん

■違和感なく再会できた右京&薫

(c)テレビ朝日・東映

 5代目相棒が寺脇に決定したというニュースを、驚きと共に受け止めた視聴者も多いだろう。だが、水谷は「いつかは亀山くんが戻ってきてほしいと、右京は思っていたでしょうね。僕も自然とそう考えていました」と明かす。

ADVERTISEMENT

 寺脇もまた、衝撃は無かったという。「もちろん驚きはしました。薫は警察を辞めていたので、もう特命係に戻ることはないと思っていましたから。でも、右京と薫の信頼関係はDNAに刷り込まれていました。そのうえで、僕と豊さんが別のところで人生経験を積んだことが、とてもいい形で出ていると思います」と語ると、水谷も「こんなにも違和感なく再会できるのか、という印象でした。事前の打ち合わせはしなかったのですが、自然に会えましたね」と二人の再会シーンを振り返った。

 「右京にとって、部下はいつか去っていく存在なんです。亀山くん、神戸(尊・及川光博)くん、カイト(甲斐享・成宮寛貴)くん、そしてソリ(反町隆史)。……なんでソリだけ本名なんでしょ?」と笑う水谷。すかさず寺脇が「(冠城)亘くんですね」とフォローするなど、阿吽の呼吸は健在だ。「だから、亀山くんが戻ってきてくれたのはとてもうれしいことです」と水谷は笑顔たっぷりに語った。

■今だからこその復帰

(c)テレビ朝日・東映

 寺脇は当初、薫の外見に関して「フライトジャケットがトレードマークで、若者なイメージ。いまの自分に似合うのか?」と不安もあったそうだが、そこは全く問題なかった。衣装合わせでは、約14年ぶりにその姿を見たスタッフから感嘆の拍手が沸き起こったという。水谷も「すぐに写真を送ってきてくれて。『ああ、この感じ』と思いました」と嬉しそうな表情を浮かべる。

 さらに寺脇は、「僕は薫ちゃんに体を貸している感覚なんです。久しぶりに戻ってきた薫に『お前、もうちょっと鍛えないと俺が使えないじゃないか』と文句を言われたので……(笑)。運動して体を絞りました」と役柄との関係性を明かした。

ADVERTISEMENT

 寺脇の帰還まで14年の年月が経ったが、「今だからこそよかったんだと思います」と水谷。寺脇も「今、戻るんだなとしっくりきたんです。豊さんには運命だとおっしゃっていただきました」と応えた。

 右京と薫の関係性について改めて聞くと、寺脇は「箇条書きにするようなことではないですけど、二人の根底にある正義に対する思いは同じだと思います」と断言。水谷も「それに右京は、亀山くんを見ていると自分にないものがわかります」とうなずきながら答える。

 「切れ者の右京さんに比べれば、薫はできないことばっかりなんですけど、ごくたまに、『そのしなやかさは僕にはないです』と言ってくれる。そういうときは非常にうれしいです。いつもは右京さんに『それ早く教えといてくださいよ!』って思うばかりですけど(笑)」(寺脇)

 水谷も「そもそも、これまでの人生、何事にも相棒がいました」と述懐。仕事やプライベート問わず、何かを成し遂げる際には、必ずそばにスタッフや共演者、家族など力になってくれる人がいた。「今回まさに、いい相棒と出会っているなと実感しています」としみじみ語ると、寺脇も「本当にそうですね。『相棒』って一見ふつうの言葉ですけど、運命的で特別なものになりました」と水谷と顔を見合わせて笑い合った。

ADVERTISEMENT

■「相棒」はエンタメ界の良心

(c)テレビ朝日・東映

 ドラマ「相棒」とは今の二人にとってどんな存在なのか。寺脇と水谷は、それぞれこう答えた。

 「『相棒』はドラマも映画もふくめたエンターテイメント界の良心だと、豊さんがおっしゃっていたんです。僕も、薫が出ていないときも『これがあるから、大丈夫だ』と思いながら観ていました」(寺脇)

 「観る側だったとしても、こういう番組があってよかったなと思うだろうなと感じています。俳優としては、21年も同じキャラクターを演じて、14年離れていた人が戻ってきて、何事もなかったように一緒にいる。『こんなことってあるんだな』というのが正直な感想です」(水谷)

 誰かがどこかで欠けていたら、成り立っていなかっただろう。これまでの長い時間に関わった全員が、「相棒」をここまで育て上げたのだ。「昔と同じ感じで現在撮影していますが、一つだけ違うことがあります。以前はセリフのないところは事前にどうするか相談することも多かったんですが、今は右京と薫のまま、勝手にしゃべったことをそのまま使っています。これも自然なことなのでしょうね」と寺脇は感慨深げ。最初の一歩がさらなる一歩となり、二人は今また、未来に向かって共に歩んでいる。(取材・文:早川あゆみ)

「相棒season21」は毎週水曜よる9時~テレビ朝日系で放送中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT