ADVERTISEMENT

キンプリ高橋海人が初の医師役!映画『Dr.コトー診療所』に出演決定

高橋海人が初の医師役
高橋海人が初の医師役 - (C) 山田貴敏 (C) 2022映画 「Dr.コトー診療所」製作委員会

 吉岡秀隆が主演を務める映画『Dr.コトー診療所』(12月16日公開)に、新米医師役で高橋海人King & Prince)が出演することが明らかになった。

【画像】キンプリ高橋海人、横浜流星と兄弟役!『アキラとあきら』で若き社長に

 山田貴敏のコミックをもとにしたドラマ「Dr.コトー診療所」シリーズの放送から16年ぶりの新作となる本作。吉岡をはじめとするキャストが続投し、本土からフェリーで6時間かかる絶海の孤島・志木那島を舞台に物語が描かれる。五島健助=コトー(吉岡)は看護師の星野彩佳(柴咲コウ)と結婚し、静かに暮らしていたが、島には過疎高齢化が進むなど変化が忍び寄っていた。

ADVERTISEMENT

 先日キャストとして発表された生田絵梨花に続いて、新たなキャストが明らかに。映画『アキラとあきら』やドラマ「ドラゴン桜」「未来への10カウント」などに出演した高橋が、志木那島に研修でやってきた医師・織田判斗(おだはんと)役を務める。10ドラマ「ボーイフレンド降臨!」では単独初主演を果たすなど、役者として活躍を幅を広げている高橋にとって初の医師役となる。

 高橋ふんする織田判斗は、志木那島に2か月間、へき地医療の勉強でやってきた新米医師。大病院の御曹司で、一見チャラそうな見た目とふるまいから島民に受け入れられないが、それでいて腕は悪くなく、物事を冷静に見ている一面もある。本作では異色とも言える役どころとなる。

 『Dr.コトー診療所』に出演が決まり、高橋は「僕が4歳のときに始まったドラマですが、再放送を母と一緒に観ていたので、あの世界観に自分が入れるのか……と思うと、気持ちが高ぶりましたし、自分がいただいた役の重みを受け止めながら、自分にできることを一つ一つ、真剣に熱を持ってぶつかろうと思いました」と決意を明かす。

 また、役との向き合いについては「判斗自身は現実主義でマニュアルに従って今までやってきた人で、それとは対照的に、効率も関係なく島民に対する愛情や優しさで仕事をするコトー先生は判斗からしたらすごく浮世離れしていて……でも、判斗がただ嫌な奴ではなくて『判斗みたいな人間もいるよな』と共感してもらえるようにと考えながら演じました」と語る。

ADVERTISEMENT

 ドラマシリーズから引き続いて演出を担当する中江功監督は、高橋について「柔らかくて真面目な好青年、というのが最初に会ったときの印象です。『コトー』のレギュラー陣はクセも個性も強いベテラン揃いです。こんな繊細なトップアイドルがその中でやっていけるだろうか、と少し不安でした。でも、現場に入るとそんな心配はすっかり払拭され素晴らしい化学反応が起きました。一人の役者として、高橋海人にしかできない織田判斗というキャラクターを誕生させてくれたことに感謝しています。『お芝居を真剣にやりたい』と言う言葉に強い意志と野心も感じられました。これからが本当に楽しみな役者です」と太鼓判を押している。(編集部・大内啓輔)

※高橋の「高」は「はしごだか」が正式表記

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT