ADVERTISEMENT

『ハリポタ』ヴォルデモート俳優、J・K・ローリングを擁護「彼女への言葉の暴力はおぞましい」

レイフ・ファインズが演じたヴォルデモート卿
レイフ・ファインズが演じたヴォルデモート卿 - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ハリー・ポッター』シリーズでヴォルデモート卿を演じたレイフ・ファインズが、原作者J・K・ローリングに向けられている絶え間ない言葉の暴力や殺害予告は「おぞましく、最低だ」と The New York Times に語った。

【画像】超イケメン…若き日のレイフ・ファインズ

 ローリングは2020年6月、ある論説記事が“女性”という単語を使わず、代わりに“月経がある人たち”と表現していたことをTwitterで嘲笑。トランスジェンダーを否定しているとしてこのツイートは大炎上、ローリングは発言を撤回することなくその後も自説を説き続け、トランスコミュニティの敵とみなされることに。今や、インターネット上には彼女への罵倒の言葉があふれ、数多くの殺害予告が寄せられるまでになっている。

ADVERTISEMENT

 レイフは「J・K・ローリングは幼い子供たちが人間として自分自身を見いだしていくという、エンパワーメントについての素晴らしい本を書いた。あの本にはより良く、強く、道徳的な人間になる方法について書かれているんだ」と「ハリー・ポッター」シリーズでローリングが世界をいかに良いものにしたかに触れると、「彼女に向けられた、言葉の暴力はおぞましいし、最低だ」ときっぱり。

 「つまり、彼女が女性について言っていることに怒りを感じるかもしれないという、その視点はわたしにも理解できる。しかし、それは卑猥な極右のファシストというわけじゃない。ただ、一人の女性が『わたしは女性で、自分が女性だと感じていて、“わたしは女性”だと言えるようになりたい』と言っているだけだ。わたしは女性ではないが、その気持ちは理解できるよ」とローリングを擁護した。

 騒動後、ダニエル・ラドクリフエマ・ワトソンルパート・グリントら『ハリー・ポッター』シリーズのキャストたちは、トランスコミュニティに対するサポートを表明している。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT