ADVERTISEMENT

「舞いあがれ!」福原遥&目黒蓮は“天然寄りのボケ” 醍醐虎汰朗が仲良しぶり明かす

(C) NHK

 現在放送中の「舞いあがれ!」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)で、ヒロインの舞が学ぶ航空学校の仲間である吉田大誠を演じる醍醐虎汰朗福原遥をはじめとするキャストたちとの共演について、撮影裏の様子や役づくりについて明かした。

【画像】爽やか!眞栄田郷敦と手を振る醍醐虎汰朗

 連続テレビ小説の107作目となる「舞いあがれ!」は、1990年代から現在を舞台に、岩倉舞(福原)が大空に舞いあがるという夢に向かっていく姿を描く物語。ものづくりの町である東大阪や自然豊かな五島列島でさまざまな人との絆を育んだ舞が、空への憧れに向かって進んでいく。

ADVERTISEMENT

 舞が航空学校に入学後、6人ずつでチームを作ることになり、舞は柏木弘明(目黒蓮)、矢野倫子(山崎紘菜)、中澤真一(濱正悟)、吉田大誠(醍醐虎汰朗)、水島祐樹(佐野弘樹)と知り合う。醍醐虎ふんする吉田は、奨学金で航空学校に通う苦学生で、無理を言って航空学校に入学させてくれた母を気遣う優しい心の持ち主。自分が操縦する飛行機に母を乗せることを夢に、優秀な成績をおさめている。

 新海誠監督のアニメ映画『天気の子』で声優に抜てきされ、その後も映画『#ハンド全力』『宇宙でいちばんあかるい屋根』『野球部に花束を』『カラダ探し』などに出演。舞台でも「弱虫ペダル」「ハイキュー!!」「千と千尋の神隠し」という話題作に参加してきた。

 今回が初の朝ドラ出演となる醍醐。「出演が決まったときはやっぱりうれしかったです。『やったー!』という気持ちでした。“朝ドラ”出演は、僕自身も含めた俳優をやっている多くの人が目標にしていることだと思いますから。親孝行ができたなと思いました。いただいた台本を読んで、僕がそれまでに想像していた『“朝ドラ”のイメージ』よりもはるかにキラキラしているな、という印象を抱きました。物語全体として見ればシリアスな展開もあるけれど、『航空学校編』は『さわやかな空気』のようなパートだと思います」と語る。

ADVERTISEMENT

 演じるのは母親思いの若者だが、その印象については「『すごくいい人だな』と思うし、自分にはない部分をたくさん持った人だと思います」という。事前に航空学校編の学生6人に、役のイメージを膨らませるための「人生年表」が渡されたそうで、醍醐は「そこからシーンで描かれていない部分の吉田の人生を想像しました。たぶん吉田の母親もすごく優しい人で、息子にたくさんの愛情を与えてきたんだろうなと思います」と明かす。

 「育ってきた環境が優しい空間だったから、あの吉田が出来上がったんだろうなと強く感じました。というのは、同年代の仲間と寮生活を送るなかで、母親が倒れたという知らせを受けたとしてあれだけ取り乱してしまうというのは、相当な『愛』がないとできないと思うからです。普通はどこか恥ずかしい気持ちがあって格好つけたりすると思うんですが、そういうものを通り越して感情のまま行動するというのは相当に大きい愛だなあと思います。その部分をベースに、役を組み立てました。吉田は内に秘めた大きな優しさと強さを持っているけれど出し方はソフトにしたかったので、『出しゃばりすぎず、薄くなりすぎず』というバランスに気をつけて演じています」

ADVERTISEMENT

 青春ものへの出演も多い醍醐だが、今回も同世代のキャストたちとの共演になった。「現場はとにかくなごやかですね。たぶん、座長である福原遥さんの人柄が与える影響がすごく大きいと思います。とてもホンワカしている方なので支えたくなるんですよね。本当にポジティブで、尊敬できる方です」と称賛。チームのメンバーとの共演は「5人の俳優さんたちとの共演は楽しいです。みんなそれぞれに演技のアプローチが違うのが面白いですね。ともすれば、自信家で嫌な奴に映ってしまいそうな柏木というキャラクターを、カラッとした硬派な男として作り上げる目黒蓮さんの演技には衝撃を受けました。佐野弘樹さんの、ドラマのセオリーとは少し違う、自由で自然で、映画に近い感覚のお芝居も大好きです」という。

 「チームの6人はすぐに打ち解けて、『最初からなんでこんなに仲良くなってるの?』と不思議になるくらい、みんな仲がいいです。控え室では本当に他愛のない会話をしているんですが、福原さんと目黒さんは天然寄りのボケ、濱正悟さんもボケかな。僕と山崎紘菜さんは、どちらかというとバランサーというか、ツッコミ役ですかね」

 新たに帯広での訓練をスタートさせた仲間たち。今後の展開について「チーム6人が笑ったり泣いたりしながら、助け合って成長していきます。でも、このあと大きな出来事があり、さらにチームというものを強く意識するポイントになります。その出来事に対して、みんなの感情がいろいろと動いていくところはおすすめです」と期待を高める。さらに「吉田の見どころ、と言ってしまうと視聴者のみなさんがそれをベースにご覧になってしまう気がするので、逆に『ここ』って決めずに作品を見てほしいですね」と語っている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT