ADVERTISEMENT

阪本順治、最新作は青春時代劇!黒木華、寛一郎、池松壮亮が共演

(C) 2023 FANTASIA

 阪本順治が自身のオリジナル脚本を映画化する新作『せかいのおきく』が2023年4月28日より劇場公開されることが明らかになった。黒木華が主演を務め、寛一郎池松壮亮が共演する。

 本作は、江戸末期を舞台にした時代劇。寺子屋で子どもたちに読み書きを教えている主人公おきく(黒木)は、ある雨の日、厠(寺所有の公衆便所)のひさしの下で雨宿りをしていた紙屑拾いの中次(寛一郎)と、下肥買いの矢亮(池松)と出会う。武家育ちでありながら今は貧乏長屋で質素な生活を送るおきくと、古紙や糞尿を売り買いする最下層の仕事につく中次と矢亮。侘しく辛い人生を懸命に生きる三人はやがて心を通わせていくが、ある悲惨な出来事に巻き込まれたおきくは、喉を切られ、声を失ってしまう。

 映画『せかいのおきく』のファーストルックとして3点の場面カットが公開。貧乏長屋の小路で空に拝むおきく、商売の種となる貴重な糞尿を担いで畦道をひた走る中次と矢亮、そして厠のひさしで雨宿りをする3人。主に京都撮影所(東映・松竹)で撮影されたモノクロ映像が切り取られている。

ADVERTISEMENT

 江戸時代には、現代の私たちでは捨ててしまうようなものを買い取り再利用する商人がおり、矢亮の商売である下肥買い(しもごえがい)はその代表例だ。下肥買いは「汚穢屋」とも呼ばれ、長屋にある共同の厠に溜まった大量の糞尿を買い取り、農村に肥料として売却された。それはまた、人間にとって不可欠な食料を生み出す。江戸時代の「循環型社会」を企画の背景に用いたことについて、美術監督で本作の企画プロデューサーである原田満生は「江戸時代は資源が限られていたからこそ、使えるものは何でも使い切り、土に戻そうという文化が浸透していた。人間も死んだら土に戻って自然に帰り、自然の肥料になる。人生の物語もまた、肥料となる。自然も人も死んで活かされ、生きる。この映画に込めた想いが、観た人たちの肥料になることを願っている」と語っている。(編集部・大内啓輔)

コメント

・阪本順治監督
気候変動による災害、戦争を終わらせられない指導者たち、真っ先に死んでゆくのは、なんら世界経済の恩恵を受けない階級層。消費されるのは、モノだけではなく、“ひと”だ。
本作は、江戸時代における食のサイクルを基軸として、没落した武家の娘と、糞尿の処理に携わる賤民たちを主人公に、低い視座から社会を眺めるだけではなく、“汚い”ところから世界をえがこうとする意欲作。
しかも軽妙に、しかし美しく、だ。名付けて、糞ったれ青春時代劇!

・黒木華
阪本順治監督の時代劇初挑戦となる「せかいのおきく」が、撮影開始から約2年の時を経て、長編映画として完成することができました。
深々と降る雪のシーンから撮影が始まりました。美術がとても素晴らしかったことを、今でも強く印象に残っています。
「せかいのおきく」、この題名に込められた阪本監督の想いが、より多くの方に伝わるよう、おきくを演じられていたらと思います。
今の時代に繋がる尊さがある作品になっていると思いますので、沢山の方に見ていただけると嬉しいです。

ADVERTISEMENT

・寛一郎
青春。
それは、恋とせかいとうんち。
阪本順治最新作お楽しみに。

・池松壮亮
敬愛する原田満生さんに誘われて、この魅力的な企画に二つ返事で参加しました。
阪本監督の見事な脚本と、路上の人々に寄り添い続ける態度とその手腕に感銘を受け、凄腕のスタッフキャストに出会い、新しい時代劇を目指して撮影しました。
サスティナブルに生きることを心と細胞とで理解していた頃、うつろいの中で、自然と共に生き、空と人と情緒があったこと、祈りがあったこと。貧しくも瑞々しく生きる人々の映画です。今を生きる多くの人々に届くことを願っています。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT