ADVERTISEMENT

吉沢亮、大河後に実感した変化「考えずどう感じるか」

きらめく吉沢亮。
きらめく吉沢亮。 - 写真:TOWA

 2021年放送の大河ドラマ「青天を衝け」で主演を務め、日本の資本主義の父と呼ばれた渋沢栄一の生涯を演じ切った吉沢亮。そのはつらつとしたエネルギッシュな表現は、新たな吉沢の一面と高い評価を受けた。そんな吉沢の「青天を衝け」以降に撮影したのが『ブラックナイトパレード』だ。ヒットメーカー・福田雄一監督のもと、周囲のボケをしっかりと受けながら、自身もここぞというときに攻めるという瞬発力を存分に発揮した。「このところ、事前に用意することが減ってきた」と語った吉沢が大河ドラマを経て変化したことについて語った。

キラキラの吉沢亮【インタビューカット集】

 「聖☆おにいさん」などを世に送り出した中村光の同名コミックを実写映画化した本作。吉沢演じる受験も就活も失敗し、恋人もいないさえない青年・日野三春が、ひょんなことからクリスマスを裏で運営しているという謎の会社に就職することになり、超個性的な仲間たちと共にブラックサンタとして働く姿が描かれる。

ADVERTISEMENT

 これまでの『銀魂』シリーズや、『斉木楠雄のΨ難』など福田監督作品への出演経験がある吉沢だが「これまでは自分がボケる役が多かったのですが、今回は周囲のおかしな人たちを突っ込むキャラだったので、みなさんのボケをどれだけ拾えるかがテーマでした」と作品に臨む際に考えたことを明かす。

 自然と受けの芝居になることで、これまでの入り方とは違うやり方になったという吉沢。「いままでは台本のセリフを『こういう風に言ってみよう』とかいろいろ仕込んで作品に入っていったのですが、今回は相手がどんな形で来てもしっかり受けられるように、あまり事前に用意しないで入りました」と撮影現場で生まれたものをキャッチする瞬発力を意識したという。特に、福田監督独特のセンスが光るコメディー作品だけに、「やっぱり現場で生まれたものが1番面白い」という思いを信じて撮影に挑んだという。

???
(C) 2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 (C) 中村光/集英社

 こうした考えは、先日まで放送されていた月9主演ドラマ「PICU 小児集中治療室」でも実践されたという。吉沢は「セリフを覚えるとか、役柄としての知識を入れるとか、体を鍛えるとか、必要な準備はもちろんするのですが」と前置きすると「芝居のなかで『このセリフはこう言おう』みたいなことは一切考えないようになりました。『この役だったらこういう感情になるだろうから、こう表現しよう』なんてことも全くしない。ただただ自分がその場でどう感じるかを大切していればいいと思うようになったんです」と語る。

ADVERTISEMENT

 その意識の変化は「大河ドラマが終わってからそういう感じになっていったんです」と吉沢は証言する。「大河ドラマでは、栄一という人物を理解して、それに則ってバンバン表現しまくっていました。逆に言うと、そういう強いキャラクターを演じたからこそ、見えてきたことなのかもしれません。不思議な感覚なんです。でも、大丈夫かなと不安になる瞬間もあります」と苦笑いを浮かべながらも、新たな感覚で臨む芝居のやり方に手ごたえを感じているようだった。(取材・文:磯部正和)

スタイリスト:荒木大輔/ヘアメイク:西岡達也

映画『ブラックナイトパレード』は12月23日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT