初体感!『レディ・プレイヤー1』は別人願望かなえると金爆・歌広場

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 映画が大好き! というゴールデンボンバーの歌広場淳が、いま世界中から注目を浴びている、巨匠スティーヴン・スピルバーグの最新作『レディ・プレイヤー1』を鑑賞。「今観たばっかりですけど、もう一回続けて観たい! こんな作品は初めて!」と語るほど、すっかりハマってしまった歌広場が、本作の魅力を存分に語った。(取材・文:森田真帆 写真:日吉永遠)

子供のころ、何かに夢中になった気持ちを思い出す!

画像テキスト
いざ、VRワールドへ!

 本作の舞台は、2045年僕の世界。一人のさえない少年ウェイドが「オアシス」と呼ばれるVRワールドで仲間たちと出会い、この世界の天才創設者が残した56兆円の財産を巡って、遺言に隠された3つの謎を解き明かす想像を超えたアドベンチャー。劇場の最前列でかぶりつき状態になって鑑賞した歌広場は、「映画のことをたくさん知っている人はもちろん楽しめるけど、僕は逆に『全然知らない!』人ほど、楽しめると思う」と熱く語る。

 「初めてファミコンで、人気ゲーム『スーパーマリオブラザーズ』をプレイした時のことを思い出しました。あのとき、最初のクリボーにあたって死んじゃったなって。でも、なんか楽しかったでしょう? 楽しみ方なんて知らなかったけど、楽しかった!」と子供のころの初心を思い出させてくれる本作を絶賛。

なりたいものになれる場所“オアシス”で、樽美酒になりたい!

画像テキスト
なりたい人は……まさかの!?

 貧富の差が広がって、厳しい現実世界となった未来で全人類が夢中になっているのは、VRワールド“オアシス”。自分が想像したことすべてが具現化され、どんな人物にもなれるという夢のような場所。「全員がVRのサングラスみたいなのをつけて街中を歩いている感じも、ものすごくリアルで面白いし、妙な現実感があった」という歌広場。

 “オアシス”はなりたい自分(アバター)になれる世界。みんながアバターでオシャレをしたり、タフなマッチョガイになったりしているオアシスだが、「この映画自体が壮大なゲームみたいで、僕自身、プレイヤーとして参戦した気分でした!」という歌広場は、「僕がもしオアシスに行ったら、樽美酒研二になりたい」とまさかの理想を告白! 「樽美酒になって、SASUKE のファーストステージをクリアして、『樽美酒って最高じゃん! かっこいい~』ってキャーキャー言われてみたいです」とニヤリ。自分だったら、どの世界に行きたいか? など、一緒に観た人と大いに盛り上がりそうだ。

日本の人気キャラはもちろん、日本のイケメンまで登場!

画像テキスト
どのネタかわかる?

 オアシスの世界には、キティちゃんやAKIRAのバイク、ガンダムなど日本のキャラクターがたくさん登場する。「日本のキャラが出てくるたびにテンションが上がりました」という歌広場は「たぶんもっともっと探したら絶対『あっ!』ってところにキャラクターが隠れていると思う。今回はまだ一回目だったから、全部探しきれなかったので、初回スコアとしてはたぶん60点くらい。もっとスコアをのばしたいから、公開後も絶対行っちゃいます!」と興奮気味。

画像テキスト
右端にいるのが森崎さん。主演メンバーと堂々肩を並べています!

 さらにイケメン好きで知られている歌広場の心をくすぐったのが、本作でハリウッドデビューを果たした日本のイケメン俳優の森崎ウィン。「あの人はすごい! めっちゃイケメンなうえに、何者なの? スピルバーグの映画出るとかすごすぎでしょう。彼の役柄は、日本人からするとかなり熱い! しかも、ここではネタバレになっちゃうから言えないですけど、彼が発するセリフで、場内だいぶ盛り上がると思う」と期待を込めた。

すべての人をワクワクさせる、スピルバーグ監督が教えてくれること

画像テキスト
自信を持てない人にこそ観てほしい!

 本作には、映画『ジョーズ』『E.T.』『インディ・ジョーンズ』シリーズといった監督作から、製作総指揮を務めた『グーニーズ』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズだけでなく、今の大人たちが子供だったころにたくさんの夢を与えてきた懐かしの映画の要素が続々登場。まるで夢のような映像と、仲間たちとの冒険に誰もが胸を高鳴らせるはず。

 そんなスピルバーグ作品に育てられた一人だという歌広場は、自身も仕事でメイクをして別人になっていることから、ゲームの世界で別人になりたいという気持ちはよくわかるという。そのうえで「僕はこの映画を観て、別の人間になりたいって思うのもいいけど、本当は現実世界にいる自分自身が変わらなきゃいけないんだと思えた」と大人になった今も、本作からまた大切なことを学んだと話す。「今の自分に自信が持てない人ほど、この映画を観て何でもいいから感じてほしい。それが別の人間になることの一歩だし、明日から戦う勇気をもらえると思います」と力説した。

小ネタいくつわかる?な予告編

映画『レディ・プレイヤー1』は4月20日より全国公開
オフィシャルサイト
(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]