『ラブ・アクチュアリー』の子役がイケメンに!友達思いすぎる姿に泣ける

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 あのロマンテック映画の名作『ラブ・アクチュアリー』から14年。空港をダッシュしていたピュアでキュートな美少年が、いまや28歳……! 愛くるしい子役だったトーマス・ブロディ=サングスターは現在、世界興行収入10億ドルを超える人気作『メイズ・ランナー』シリーズで活躍し、完結編となる最新作『メイズ・ランナー:最期の迷宮』ですっかりイケメン俳優に成長した姿を見せています!(編集部・小山美咲)

クリクリお目々が印象的なあの名子役がイケメンに成長!

画像テキスト
左が『ラブ・アクチュアリー』の頃、右が現在のトーマス・ブロディ=サングスター - Rune Hellestad / Jeff Spicer / Getty Images

 『ラブ・アクチュアリー』では、同級生に片思いをする少年サムを演じたトーマス。当時は13歳で、少しクセのある赤毛とクリクリお目々が印象的でした。学校で人気者の女の子を振り向かせるための必死な姿、そして空港を猛ダッシュ! というシーンは多くの人の記憶に残っているはず。そのトーマスが、『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の劇中では、身長がグンと伸びて、クールな眼差しのイケメンに。しかし、ほっこり可愛い笑顔はそのままというギャップも魅力的な男性に成長しました。

世界的に大ヒットした人気シリーズでメインキャラを熱演

画像テキスト
映画『メイズ・ランナー』シリーズ、ニュートにふんしたトーマス

 トーマスは、人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズに出演したり、アニメ「フィニアスとファーブ」で声優を務めたりと順調にキャリアを積み重ねてきました。そんな彼が出演している『メイズ・ランナー』シリーズは、大きな謎に直面した若者たちが、固い友情で結ばれ、やがて人類の命運にかかわる危機に挑んでいくサバイバルアクション映画。トーマスは、2015年公開のシリーズ1作目から、ついつい推したくなっちゃう魅力を秘めたニュートというキャラクターを演じています。

オーディションの様子もあり!<トーマス・ブロディ=サングスターasニュート スペシャル映像>

冷静だけど友達思いすぎる姿…応援したい!

画像テキスト
中央に写るのが主人公

 トーマスが演じるニュートは、メインキャラクターの1人で、主人公の良きパートナー的なポジション。常に落ち着いた判断ができる人間という印象があり、危機的な状況下で感情をあらわにしたり、策略を抱いたりすることもあるほかのキャラに比べ、ちょっとクールなイメージ。その彼を唯一、強く突き動かすのが“仲間への思い”。ひょろりとしていて一見するとインドアタイプに見えるニュートが、仲間のためには自ら危険に飛び込み、果敢に敵に向かっていく姿に、何度も目頭が熱くなります。

『メイズ・ランナー』シリーズは友情ドラマもアツい!

画像テキスト
さまざまな試練を乗り越えてきました

 そんな『メイズ・ランナー』1作目では、閉ざされた謎の地に集う記憶をなくした青年たちが巨大迷路から脱出、2作目で彼らは砂漠化した大地を逃げ延びます。そしてとうとう完結編では、囚われた仲間の奪還を目的に大都市に侵入。あんなにも苦労させられてきた試練に、今度は自ら飛び込んでいくことになるのです。ド派手なアクションシークエンス、緊迫感に満ちた駆け引きが映し出される一方で、友情ドラマも見逃せません。苦労や困難も分かち合ってきた青年たちは協力し合い、危機を乗り越えてきました。そして今回も過酷な状況で我が身もかえりみず仲間の救出に全力を注ぐ彼らは、確かな絆と友情で固く結ばれています。

画像テキスト
語らったり……

 3作を通じてニュートを演じたトーマスは、「ニュートにとって重要なのは友達だけ」と断言。「彼らはニュートにとって家族同然。記憶を失う前、ニュートにはおそらく家族や友人がいただろうが、いまニュートが唯一しがみつくのは、彼が信じて気にかけるこの友達だけなんだ」とニュートの心情を代弁しています。なんだかちょっと切ないですね。

涙でスクリーンが観られない…ニュートの泣けるシーン!

 完結編とあって『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は、冒頭から壮絶アクションの連続。クライマックスに向かってスリリングな展開が続きますが、なんと言ってもニュートが見せる献身に泣ける! 自己保身は一切せずに命をかけて友人を守る彼の鬼気迫る形相は、アカデミー賞ものの演技です。その悲壮感さえ漂うたたずまいに、心をわしづかみにされることは間違いありません。

画像テキスト
ニュートの行動とは!?

 そんな壮絶な運命に立ち向かうニュートについて、トーマスは「ニュートは、ただただ友達が無事であってほしいと思っているだけだと思う」と彼の純粋さゆえの行動だと分析していました。彼のこの純粋な友達への思いが物語終盤にかけてじわじわと涙腺に効いてきます。そしてスクリーンが涙なしでは観られなくなることをお約束しておきます……!

映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月15日公開

遂に《ラスト・メイズ》へ。
6サイトを攻略して、#メイズに挑め
メガヒット・シリーズ完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』メインキャラクター5人(トーマス、テレサ、ニュート、ミンホ、ブレンダ)&メイズを大特集!
今すぐ特集をチェックして、#メイズに挑め

トーマス特集
テレサ特集
ミンホ特集
ブレンダ特集
メイズ特集

映画公式サイト

(C) TM and (C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. Not for sale or duplication.

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]