シネマトゥデイ

『ハン・ソロ』で注目!マルチな才能を持つドナルド・グローヴァーに迫る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドナルド・グローヴァー
『ハン・ソロ』でのドナルド・グローヴァー(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 現在公開中の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で、若きランド・カルリジアン役を務めるドナルド・グローヴァー。シリーズの人気キャラクターであるランドを、ユーモアを交えた演技で表現する彼は、今世界が注目する俳優の一人です。その魅力は俳優業だけではありません。歌手プロデューサーなど幅広い分野で、その才能を発揮しているのです。今回は、そんなドナルドのマルチな活躍を紹介します!(編集部:倉本拓弥)

[PR]

ドナルド・グローヴァー

ドナルド・グローヴァー
ドナルド・グローヴァー -David Livingston / Getty Images

 1983年、アメリカ・カリフォルニア州生まれのドナルドは現在34歳。幼少期からコメディーや音楽に興味を持っていたという彼は、名門ニューヨーク大学の芸術学部でドラマ・ライティング(脚本)を学びます。大学を卒業後は、在籍していた時の友人たちで結成した「デリック・コメディー」と呼ばれる集団に所属して、数々のコメディービデオを製作していきます。

コメディアンから大作映画へ

 アメリカのコミュニティカレッジを舞台にしたテレビドラマ「コミ・カレ!!」(2009~2014)で、元花形のフットボール選手であるトロイ・バーンズを演じたドナルド。本作でのコミカルな演技が、彼の才能を世に広めるきっかけとなったのです。その後、『ラザロ・エフェクト』『マジック・マイク XXL』『オデッセイ』と大作映画への出演が続き、2017年にはスパイダーマン:ホームカミングに、犯罪グループの一人であるアーロン・デイビス役として出演します。主演のトム・ホランドとの息の合った掛け合いも、彼のコメディアンとしての経験が生きている演出となっています。

 ちなみに、2012年の『アメイジング・スパイダーマン』で、ドナルドをピーター・パーカー役として起用してほしいと、ファンが「#donald4spiderman」というハッシュタグと共に、Twitterで訴えかけたことも当時話題となりました。(あの若きハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクもピーター・パーカー役候補としてリストアップされていたのも驚き!)

『スター・ウォーズ』で人気急上昇!

ドナルド・グローヴァー
オールデン演じる若きハン・ソロとの掛け合いに注目!(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 『ハン・ソロ』では、シリーズの人気キャラクター、ランド・カルリジアンの若かりし頃を熱演しています。その身振りと風格は、『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』でビリー・ディー・ウィリアムズが演じたランドを彷彿させるほど! Peopleで、ドナルドは出演にあたってビリー本人と対面したことを語っており、「(若きランドを)チャーミングに演じるんだ」とアドバイスをもらったと話しています。また、ランドには幼い頃から愛着を持っていたそうで、米バラエティー番組「ジミー・キンメル・ライブ!」の中で、人生で最初に遊んだおもちゃがランドのフィギュアだったことを話しています。彼のこうしたキャラクター愛も、演技を引き立てる理由の一つかもしれませんね。

ラッパーとして全世界から注目!

ドナルド・グローヴァー
チャイルディッシュ・ガンビーノとしても活躍! -Isaac Brekken/Getty Images

 “チャイルディッシュ・ガンビーノ”という名義で2011年より音楽活動を開始したドナルドは、2016年に発表した楽曲「Redbone」第60回グラミー賞最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞を受賞しています。さらに、今年5月に発表した楽曲「This Is America」は、アメリカの銃社会・差別社会をリアルに表現していると、全世界で話題沸騰。YouTubeに投稿されたMVの再生回数はわずか2か月で3億回を突破するなど、ラッパーとしても世界に名をとどろかせています!

脚本家やプロデューサーにも挑戦!

ドナルド・グローヴァー
自身が出演・脚本・プロデュースを担当するドラマ「アトランタ」-FX Networks / Photofest / ゲッティ イメージズ

 大学在学中に数々のコメディービデオの製作に携わっていたドナルド。2006年、彼のコメディービデオを観たティナ・フェイ(米バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」などのコメディ番組の脚本を担当)の引き抜きで、ドラマ「30 ROCK/サーティー・ロック」(2006~2013)の脚本を執筆します。彼が脚本家として評価を得たのは、自身が主演するテレビドラマ「アトランタ」(2016~)。アメリカ・ジョージア州アトランタを舞台に、冴えない生活を送る主人公アーンが、ラッパーとして注目され始めた従兄弟のマネージャーを務めながら一人前の男を目指すコメディーです。同作品は、第69回エミー賞において監督賞、主演男優賞、脚本賞を含む6部門にノミネートされるなど、批評家から高い評価を得ています。また、同作のプロデューサーとしても活躍しており、先日早くもシーズン3の製作が決定するなど、クリエイターとしても注目されています。

 俳優業をはじめ、様々なジャンルで快進撃を見せているドナルド。今後も、ディズニーアニメライオン・キング』の実写映画で主人公シンバの声を担当することが決まっており、また、「チャーリーとチョコレート工場」再映画化のウィリー・ウォンカ役候補にも挙がっています。マルチな才能を持つドナルドの今後の活動から目が離せません!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]