椅子が崩壊…トークショーの最中にすんごい格好で転がる!の巻

まほの別府ブルーバード劇場日記

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

年に一度のBeppuブルーバード映画祭で完全にやらかす!

画像テキスト
虹子ロンドンさん(左)ブルボンヌさん(中央)もびっくり!晴れの舞台でおもっきりこけた森田(右)

映画祭が終わったぜ!

 ブルーバード劇場の岡村照館長に出会って「この劇場を手伝わせてください!」とお願いしたのは今から3年前。実は、11月23日から25日までの3日間でBeppuブルーバード映画祭という、アットホームな映画祭を開催していました。しかも2回目! 出会いから、まだまだ時間も経っていないのに、あっという間にこんな一大イベントをポンコツな私に任せてくれた照館長には本当に感謝しています。

 この映画祭は、他の映画祭とはちょっと違くて、ブルーバード劇場で開催する、ブルーバード劇場を40年以上守って来た照館長のための映画祭! そして照館長が一番喜ぶのは何だろう? と考えた時に、お客さんが「楽しかった~」って言いながらお家に帰っていく姿を見ることが、照館長の喜びなのです。だからこの3日間の映画祭は、とにかくみんなでいろ~んな映画を観て楽しむことがメイン! 今年は、総勢20名以上のゲストと40本を超える映画を上映しました~! ってなわけで、今回はそんな映画祭のドタバタ劇を振り返りたいと思います~。

[PR]

地球上もっとも頼りない映画祭主催者・森田!

 子供の頃からおっちょこちょい、忘れっぽい、落ち着きがない、集中できない、とありとあらゆる落ちこぼれ言葉をぶつけられていた私ですが、その欠点はいまだ変わらず! 今回Beppuブルーバード映画祭に、とあるテレビ局が取材に来てくださったのですが、大変なご迷惑をかけてしまいました。1日目の朝から、準備でワタワタしていた私に、カメラマンさんと音声さんが密着!……するのですが、3階会場から1階の受付まで駆け下りた瞬間に、「あれ? 携帯がない!」と3階までまたも猛ダッシュ! 「あたしの携帯知らない?」「ここにあるよ~!」と一件落着。その後、1階の受付の様子を見た後に、

「あれ? 携帯がない!」  

 ブルーバード劇場は3階まであるのですが、マジな話、1階から3階まで、3階から1階まで死ぬほどダッシュで行ったり来たりしているうちの6割は私の携帯を探すグレイトジャーニーという悲しさ。

カメラマンの人もかなり息上がってるし、私が「け、携帯」というたびにかなりイラついていたはず! 最後は「ここっすよ!」と教えてくれました。かなりイラついていたのでしょう!

映画祭史に不本意ながら語り継がれるであろう……ハプニング発生!

 その悲劇は、映画祭最終日に起きました。映画祭のエンディングを飾ったのは、テレンス・スタンプ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ガイ・ピアース演じる3人のドラッグクィーンのロードムービーで超名作映画『プリシラ』(1994)。実は、この作品をエンディングに選んだのには理由がありまして。昨年行った第1回Beppuブルーバード映画祭のエンディングは、映画『ヘアスプレー』(2007)だったのですが、その時ブルボンヌさんがゲストでいらして多様性のお話をしてくれたのです。上映には地元の別府からたくさんのお客様が集まってくれて、すごく感動してくれたのが嬉しかった。

 そして、今年の映画祭のゲストウェルカムパーティーで出張バーをしてくれた別府のゲイバーZEROさんや、いつも月ごとのイベントなどでブルーバード劇場を支えてくれている別府のドラァグクイーン・虹子ロンドンといった、地元のゲイコミュニティのみんなに感謝の気持ちを込めて。そして、虹子の応援に常連のおばちゃんたちと一緒にクラブイベントに来てくれちゃう照館長との絆の象徴として『プリシラ』をやりたかったわけですわ。ね、いい話でしょ。

 が! が! しかし! そのめっちゃいい話な最後のトークイベント中のことです。虹子ロンドン、ブルボンヌさんとトークショーをしている最中に、私の椅子の様子がどうもおかしい。めっちゃギシギシ鳴っている。これは、結構嫌な予感がするぜ! と、おケツを半分浮かした状態で座っていたのですが、ちょっと気を抜いて、もう一度座り直したその瞬間! 

バキ!!!!!

と椅子がへし折れ(第一段階)

私にはスローモーションで、周りのみんなが私を見るのが見えたのです。

「あ、やば」

と思った瞬間トドメの

ベキッ!!!!!

が聞こえ、椅子は完全崩壊

森田はそのまま真後ろにひっくり返るという驚愕のすってんころりん後転!

恥ずい!! 恥ずすぎる!!

私的には、最近の太りっぷりを猛烈に反省するいいきっかけになりましたわい!マジで別府の何がやばいって、食べ物が全部美味しすぎるのですよ! ブルーバード劇場をお手伝いしていると、おばちゃんたちがみんな芋くれたり、炊き込みゴハンくれたり、美味しいとこに連れってってくれたりと、森田は食べまくりなんでございます。

来年の目標は10キロ痩せること! 

そして、ブルーバード劇場の70周年をお祝いして、照館長の米寿をお祝いする素敵な映画祭を再び開催することを楽しみにしています。皆様良いお年を!(次回に続く!)

※そんな森田が19歳のころの崖っぷちのハリウッド修行生活を赤裸々に綴ったエッセイが絶賛発売中です!

「まほのハリウッド日記2 子連れ!崖っぷちのハリウッドライフ 」

「まほのハリウッド日記1 崖っぷちのハリウッドライフ」も発売中です!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]