実写版『アラジン』アニメとここが違う!トリビアまとめ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アラジン

 ディズニー不朽の名作アニメーションを実写化した映画『アラジン』が大ヒット公開中。1992年製作のオリジナルを忠実に実写化していると評判の本作だが、27年の時を経て現代風にアレンジされた部分も。そこで、ここでは実写版とアニメーション版で大きく違うところを紹介したい。(編集部・中山雄一朗)

日本語の歌詞が違う

 本作では、アラジンとジャスミンが歌う「ホール・ニュー・ワールド」、ジーニーが歌う「フレンド・ライク・ミー」などアニメーションの名曲が歌い継がれているが、日本語の歌詞はオリジナルと異なる。これには役者の口の動きに吹き替えを合わせるためという理由があるそう。

[PR]

新キャラクターが出てくる

アラジン

 本作にはアニメーション版には出てこなかった新キャラクターで、ジャスミンの侍女であるダリアが登場する。また、ジャファーの右腕で宮殿の衛兵であるハキーム、ジャスミンに求婚しにやって来るアンダース王子というキャラクターも。ハキームはアニメーションシリーズに出てきた衛兵のリーダー、ラズールと「DISNEY PRINCESS おとぎの国のプリンセス/夢を信じて」というジャスミンを主人公にした作品で、宮殿に仕えていた少年ハキムをミックスさせたようなキャラになっている。

ジャスミンのソロ曲がある

 実写版ではアニメーション版になかったジャスミンのソロ曲「スピーチレス~心の声」がある。この新曲を手掛けたのは「ホール・ニュー・ワールド」など数々の名曲を生んだディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンと『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』のベンジ・パセックジャスティン・ポールという最強タッグ。メンケンが作曲、ベンジ&ジャスティンが作詞を担当した同曲は、ディズニー史に残る新たな名曲だ。

ジャスミンのキャラクターが現代風

アラジン

 実写版のジャスミンは愛する相手との結婚を夢見るだけでなく、自らの力で国を治めようと志す自立した女性として描かれている。前述のソロ曲「スピーチレス~心の声」には、そんな彼女の強い意志が表れている。ジャスミンを演じたナオミ・スコットは「ジャスミンは物語の中で成長を遂げて、欲しいものを欲しがるだけの人ではなく、自分自身で手に入れる人へ変わっていくの」と語っている。

[PR]

「フレンド・ライク・ミー」がヒップホップ調

アラジン

 実写版ではウィル・スミスが、アニメ版では故ロビン・ウィリアムズさんが演じたランプの魔人ジーニー。そんなジーニーがアラジンと出会う場面で、自己紹介がてら歌うのが「フレンド・ライク・ミー」だが、ラッパーとしての顔も持つウィルが歌うバージョンはヒップホップのテイストが盛り込まれている。

 ウィルは「オールドスクールのヒップホップの曲、ザ・ハニードリッパーズの『Impeach the President』のドラムスを入れた瞬間、僕が何をしたいのかが明確に見えたんだ。ドラムスを入れて少し歌ってみたら、これこそが僕のやりたいジーニーだと発見したんだよ」と明かしている。

 ほかにも細かく見てみると、実写版とアニメーション版で違うところがちらほら。比べてみるのも面白いかもしれない。

(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]