『シン・仮面ライダー』も!仮面ライダー50周年企画がすごい

今週のクローズアップ

『シン・仮面ライダー』
(C) 石森プロ・東映

 東映の特撮作品「仮面ライダー」が今年の4月3日、生誕50周年を迎えました。それを記念した新作映画やアニメなど、たくさんの企画が発表されています。公式発表と4月に行われた仮面ライダー生誕50周年企画発表会見で明かされた内容をもとに、ラインナップを紹介します!(編集部・小山美咲)

脚本&監督・庵野秀明!映画『シン・仮面ライダー』

庵野秀明が脚本・監督を手がける映画『シン・仮面ライダー』2023年3月に公開予定
・シリーズの原点「仮面ライダー」(1971年)をもとにした完全新作

 1971年4月3日に放送開始した「仮面ライダー」(原作・石ノ森章太郎)からちょうど50年となった日、映画『シン・仮面ライダー』という驚くべき企画が発表されました。「全人類に向かって放つ作品」と銘打たれた本作は、『シン・ゴジラ』(2016)や『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(公開中)や『シン・ウルトラマン』(公開日未定)を手がけた庵野秀明が脚本・監督を担うことが注目の的です。特撮作品に造詣が深い庵野監督が、「仮面ライダー」を題材にどのような作品を生み出すか。内容は現時点では明かされておらず、ベールに包まれたまま。出発点となった企画メモからは6年が経過しているといい、コロナ禍の影響により公開は50周年となる本年ではないものの、2023年の公開に向けて動き出しています。

 庵野監督は、企画発表時のコメントで「本企画は、子供の頃から続いている大人の夢を叶える作品を、大人になっても心に遺る子供の夢を描く作品を、石ノ森章太郎先生と東映生田スタジオが描いていたエポックメイキングな仮面の世界を現代に置き換えた作品を、そして、オリジナル映像を知らなくても楽しめるエンターテインメント作品を、目指し、頑張ります」という意気込みを明かしました。

[PR]

鬼才・白石和彌監督が指揮!「仮面ライダーBLACK SUN」

・金字塔「仮面ライダーBLACK」のリブート作品が2022年春に始動予定
・映画『孤狼の血』などの白石和彌監督が指揮

 「仮面ライダー」シリーズの金字塔といえる「仮面ライダーBLACK」(1987~1988)がリブートされ、「仮面ライダーBLACK SUN」として新たに制作されます。指揮をとるのは、映画『凶悪』『孤狼の血』などで知られる鬼才・白石和彌監督。「仮面ライダーBLACK」は、原作「仮面ライダー」への原点回帰をコンセプトとした、過酷な運命を背負った主人公の悲哀に満ちた物語です。「仮面ライダーBLACK SUN」は、その「仮面ライダーBLACK」を新しい視点で切り取り、描き直す、全く新しい作品になるとのこと。30年以上の時を経て新たによみがえる本シリーズは、2022年春に始動予定。メディアに関する詳細は未発表です。

 企画発表の際、白石監督は「仮面ライダーBLACKのリブートという、とんでもないプロジェクトに身震いしています」と大きなプレッシャーを明かしつつも、「仮面ライダー50年の歴史の重さに押しつぶされないように才能の全てを注ぎ込みます」とコメントしていました。

「風都探偵」仮面ライダー史上初のシリーズアニメ化!

・「仮面ライダーW」の正統続編マンガ「風都探偵」がアニメ化
・「仮面ライダー」史上初のシリーズアニメとして2022年夏に配信開始予定

 「仮面ライダーW(ダブル)」(2009~2010)のその後を描くマンガ「風都探偵」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載中)のアニメ化が決定しました。「仮面ライダー」史上初のシリーズアニメ化であり、2022年夏に配信開始(配信元未定)される予定です。「仮面ライダーW」は、桐山漣菅田将暉がダブル主演を務めた平成仮面ライダーシリーズ第11作。桐山が演じた探偵の左翔太郎と菅田がふんした謎の“魔少年”フィリップが、2人で1人の仮面ライダーとして戦うストーリーで、ドラマから媒体を移し、その続きを描いたのが、マンガ「風都探偵」です。

 「仮面ライダー」作品はこれまでさまざまな形でアニメになったことはあるものの、シリーズアニメになるのはこれが初めて。これを機に、新たな可能性が広がっていくことも期待できそうです。

[PR]

ヒーロー誕生の秘密!映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』

・「仮面ライダー」×「スーパー戦隊」Wアニバーサリー映画が7月22日公開
・原作者・石ノ森章太郎が託したヒーロー誕生の物語

 「仮面ライダー」シリーズ50周年×「スーパー戦隊」シリーズ45作品記念のダブルアニバーサリー作品として、映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が7月22日に公開されます。各シリーズの最新作「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」という二大ヒーローが共闘する作品となります。内容としては、原作者・石ノ森章太郎が描き出した「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズの根幹に関わるような、ヒーロー誕生の秘密に迫るものになるそう。

 今年は「仮面ライダー」の生誕50年に加え、「スーパー戦隊」シリーズが第1作「秘密戦隊ゴレンジャー」から数えて45作目を迎えた年です。本作の特報映像には、37人の仮面ライダーと46人のスーパー戦隊たちが勢ぞろい! 両シリーズの歴史を感じさせる仕上がりになっています。

 『シン・仮面ライダー』「仮面ライダーBLACK SUN」「風都探偵」『スーパーヒーロー戦記』という、ものすごいラインナップ! 夏には「KAMEN RIDER FILM ARCHIVE Vol.1」と題し、「仮面ライダー」の映画作品をリバイバル上映する企画も予定されています。50周年企画の中には、2年先に公開される作品もあり、それまで楽しみが途切れませんね。生誕50年という節目を越えて「仮面ライダー」はさらにその先に向かっていく!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]