ADVERTISEMENT

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」あらすじ・キャストなど情報【まとめ】

カムカムエヴリバディ

 連続テレビ小説の第105作「カムカムエヴリバディ」が11月1日よりスタート(月~土、NHK総合・午前8時~ほかにて放送、土曜は1週間の振り返り)。あらすじや豪華キャストなどをまとめて紹介する。(編集部・大内啓輔)

あらすじは?

 「カムカムエヴリバディ」で描かれるのは、安子・るい・ひなたという三世代の女性たちが紡いでいく100年のファミリーストーリー──

 1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日に岡山の和菓子屋「たちばな」に生まれた安子(上白石萌音)。家族や周囲の人々に愛され育ち、やがてラジオ英語講座に出会う。安子は恋に落ち、結婚。さまざまな試練が安子に降りかかるなか、いつも安子を支えたのはラジオ英語講座と「たちばな」のあんこだった。

 安子の娘・るい(深津絵里)の物語は、昭和30年代の大阪から始まる。とある理由から“自分らしく自由に生きていきたい”と願い、岡山を飛び出し、自分のことを誰も知らない新天地・大阪で新たな人生を歩んでいく。ひょんなことから道頓堀の小さなクリーニング店で、住み込みで働くことになる。大阪での新しい景色や出会いが、るいの日常を鮮やかに彩り、人生を切り開いていくのだった。

 るいの娘・ひなた(川栄李奈)の物語は、昭和40年代の京都から始まる。昭和から平成、そして令和へ。三世代ヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、ときに、世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していく。

 そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座があった。

ADVERTISEMENT

「カムカムエヴリバディ」って?

 「カムカムエヴリバディ」とは、かつて終戦直後の日本を席けんした平川唯一(ひらかわ・ただいち)講師によるNHKラジオ英語講座(通称「カムカム英語」)のオープニング曲のタイトル。「証城寺の狸囃子」のメロディーにのせて「カム♪カム♪エヴリバディ♪~」の歌が始まり、明るい歌声が多くの人々を励ました。そこには戦後の日本を「明るくしたい」という平川講師の願いが込められており、この「カムカムエヴリバディ」の合言葉が今を生きる私たちの未来をも切り開くパワーワードとして、タイトルに採用された。

 平川唯一さん(1902~1993)は、終戦後まもなくに放送された「英語会話」(1946~1951)の人気講師で「カムカムおじさん」として親しまれた存在。ブームの火付け役ともなった「英語遊び」(家族の情景を描いた英語ラジオドラマ)で英語を楽しく教え、全国でファンクラブが設立されるほどの英語ブームを、日本中で巻き起こした。

 脚本を手がけるのは、2007年度後期に放送された朝ドラ「ちりとてちん」の藤本有紀。ラジオ英語講座をはじめ、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリーが展開する。

【安子・岡山編】のキャストたち

■橘家の人々

カムカムエヴリバディ

橘安子:上白石萌音(初代ヒロイン) 幼少期:網本唯舞葵
1925年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋「たちばな」で生まれる。御菓子司「たちばな」の看板娘で、あんことおしゃれが大好きなごく普通の女の子。ラジオ講座をきっかけに英語を学び始める。

カムカムエヴリバディ

橘算太:濱田岳 幼少期:宇治本竜ノ助
橘家の長男で安子の兄。家業である和菓子屋の修業をはじめるも全く興味がなく、何度も父・金太と衝突する。

カムカムエヴリバディ

橘金太:甲本雅裕
実直な性格で演芸好きな安子の父。御菓子司「たちばな」の二代目大将でお店のあんこの味を大切に守っている。

カムカムエヴリバディ

橘小しず:西田尚美
いつも家族みんなの幸せを願う心優しい安子の母。金太と一緒に御菓子司「たちばな」を切り盛りしている。

カムカムエヴリバディ

橘杵太郎:大和田伸也
御菓子司「たちばな」の初代大将で安子の祖父。職人気質で金太や職人たちには厳しいが安子にはめっぽうあまい。

カムカムエヴリバディ

橘ひさ:鷲尾真知子
しっかり者で頭の回転が早く、動じない安子の祖母。ひさのおしるこは絶品で御菓子司「たちばな」のあんこの原点である。

■雉真家の人々

カムカムエヴリバディ

雉真稔:松村北斗SixTONES
家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生。地元で有名な名家・雉真家の跡取りで英語が堪能な好青年。稔との出会いが安子の運命を動かしていく…。

カムカムエヴリバディ

雉真勇:村上虹郎 幼少期:藤原詩音
安子の小学校からの同級生で甲子園を目指している野球少年。兄の稔を尊敬している。安子へ好意があるのか素直に優しくできず、いつも何かと安子にちょっかいを出している。

カムカムエヴリバディ

雉真千吉:段田安則
岡山で雉真繊維を一代で築き上げた地元でも知られる実力者。跡継ぎの稔と一緒にさらに事業の拡大を目指している。

カムカムエヴリバディ

雉真美都里:YOU
稔と勇の母。良家のお嬢様育ちで気品があり、いつも華やか。息子たちを愛するがゆえに、安子にとって大きな壁となっていく。

村野タミ:西川かの子
雉真繊維を営む名家・雉真家に仕える女中。常に明るく雉真家の人々の日常を支える。

雪衣:岡田結実
雉真家に仕える女中。控えめな性格だが、よく気がつく働き者。とある理由から、安子に対して複雑な思いを抱くようになる。

■岡山の街の人々

カムカムエヴリバディ

柳沢定一:世良公則
こだわりのコーヒー、そしてジャズが流れる喫茶店「Dippermouth Blues」を営む。ジャズをこよなく愛し、海外のめずらしいレコードを数多く集めている。

柳沢健一:前野朋哉
喫茶店「Dippermouth Blues」を営む定一の一人息子。父とともに店を切り盛りしている。

カムカムエヴリバディ

水田きぬ:小野花梨 幼少期:岡陽毬
ちょっとクールでしっかり者でいつも安子を応援してくれる幼なじみの親友。御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある豆腐屋「水田屋とうふ」の娘。

水田卯平:浅越ゴエザ・プラン9
御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある豆腐屋「水田屋とうふ」の店主で、きぬの父。安子を温かく見守り、金太と一緒に地元商店街を盛り立てる。

水田花子:小牧芽美
卯平の妻で、家庭的でとても明るい性格。一緒に「水田屋とうふ」を切り盛りしている。

赤螺吉兵衛:堀部圭亮
御菓子司「たちばな」と同じ商店街にある荒物屋「あかにし」の店主。町内でいち早くラジオを入手していた。とにかくケチな性格から、周囲からのあだ名は「ケチ兵衛」。

赤螺清子:宮嶋麻衣
優しくてひかえ目な吉兵衛の妻。ケチな吉兵衛のいいところを知っていて、妻としてしっかり支える。

赤螺吉右衛門:中川聖一朗
吉兵衛の息子。たちばなの御菓子が大好物で吉兵衛と一緒によくたちばなへ。吉兵衛が感心するほどの冷静沈着なしっかり者。

■物語を彩る人々

平川唯一:さだまさし
終戦後まもなく放送されたNHK ラジオ英語講座「英語会話」、通称「カムカム英語」の人気講師。「証城寺の狸囃子(たぬきばやし)」のメロディーに「カムカムエヴリバディ」の歌詞をつけたオープニング曲が人々の心をひきつけ英語ブームを巻き起こした。

小川澄子:紺野まひる
安子が大阪で出会う主婦。ラジオで平川唯一の「カムカム英語」を家族みんなで聴くのが日課。ひょんなことから安子を手助けすることに……。

こわもての田中:徳井優
ある日突然、橘家に押しかけてくるこわもての借金取り。安子の兄・算太と何か関係している。

小椋くま:若井みどり
大阪の大学に通う雉真 稔の下宿先「おぐら荘」の大家。おせっかいな性格で、稔と安子の関係性を見守っている。のちの安子の人生を強く後押しすることに……。

神田猛:武井壮
帝国軍人。海軍主計中佐。雉真繊維の製品品質を高く評価し、取り引きをおこなってきた。戦争が近づくなか、雉真繊維にさらなる軍服の製造発注を依頼する。

ロバート・ローズウッド:村雨辰剛
進駐軍の将校。日本で英語が通じず困っているところを、安子に助けられる。ラジオ英語講座で英語を学んだ安子にとって、ロバートとの出会いが大きな転機となる。

桃山剣之介:尾上菊之助
日本映画界を率いる銀幕の大スター。デビュー作の『桃から生まれた剣之介』にちなんでモモケンの愛称で親しまれている。

磯村吟:浜村淳
お茶の間で人気の名物ラジオパーソナリティー。

エンタツ・アチャコ:中川家(剛・礼二)
戦前、庶民から熱狂的に愛された漫才師。

ADVERTISEMENT

【るい・大阪編】のキャストたち

るい:深津絵里(二代目ヒロイン)
安子の娘として雉真家に生まれ、18歳まで岡山で育つ。とある理由から“自分らしく自由に生きていきたい“と願い、岡山を飛び出し、大阪へ。ひょんなことからクリーニング店を営む夫妻と出会い、住み込みで働きながら新しい生活を始める。テキパキと仕事をこなす働き者で、すぐに店の看板娘となる。一度こうと決めたら曲げない性格は母・安子譲り。

大月錠一郎(通称・ジョー):オダギリジョー
るいが働くクリーニング店に客として訪れる、謎の男。いつもシャツには同じ汚れをつけており、背広から下着まで大量の洗濯物を置いていく。その存在がるいの運命を動かしていく。

ベリー(通称):市川実日子
錠一郎にほれている女子大生。どうやら良家の令嬢らしい。ジョーとるいの関係に気もそぞろ。るいに対して、敵対心むき出しで迫ってくる。

トミー(通称):早乙女太一
木暮洋輔の営むジャズ喫茶を拠点に活動するミュージシャン。追っかけのグルーピーもいてアイドル的な人気がある。クリーニング集配に訪れるるいにちょっかいをかけてくる、かなり調子のいい男。

竹村平助:村田雄浩
大阪・道頓堀にある竹村クリーニング店の店主。仕事は丁寧でアイロンの腕前に自信がある。人情に厚いが、どこかわきが甘く、和子の尻に敷かれている。ひょんなことから、るいを店に迎えることになる。

竹村和子:濱田マリ
平助の妻。夫とともに竹村クリーニング店を営む。平助とのやりとりはまるで、夫婦漫才のよう。住み込みで働くるいのことを娘のように可愛がり、成長を温かく見守っている。

木暮洋輔:近藤芳正
錠一郎の出自や、どうやら過去を知っているらしい。るいのクリーニング店の得意先となる。

西山太:笑福亭笑瓶
竹村クリーニング店の近所にある映画館の館主で町内会長。平助とともに時代劇談義に花を咲かせる西山だが、東京オリンピックが近づくなか、テレビがますます普及。映画館の客入りが減り、西山の小言も増えてくる。

ADVERTISEMENT

【ひなた・京都編】のキャストたち

ひなた:川栄李奈(三代目ヒロイン) 幼少期:新津ちせ
安子の孫でるいの娘。京都の下町商店街育ち。父親の影響で、時代劇が大好きで、侍に憧れている。正義感が強く、弱きを助け強きを挫く清さが魅力。やる気になるとがぜん燃えるが、地道な努力が苦手で三日坊主、何をやってもうまくいかず挫折の繰り返し。本人はいつも真剣なのに、ずっと、ずっと、自分の居場所を見つけられない人生低空飛行な愛らしき女の子。

五十嵐文四郎:本郷奏多
時代劇に憧れ京都にやってきたが、上下関係が厳しい撮影所の男社会になじめずにいる若き大部屋俳優。染まらず、こびず、けれど努力は怠らず。自分はスターになれると思い込む生意気で無愛想で、ちょっと頭でっかちな男。将来の進路に迷うひなたを、大いにかき乱し続ける。

野田一恵:三浦透子
少女漫画に夢中になり、髪は聖子ちゃんカットで時代の流行に敏感。家業を継ぐことを求められ、子どものころからお茶の稽古をしてきたが、親の思い通りには生きない!と自分をつき通すたくましい女の子。ひなたがいつも頼りにする無二の友。

藤井小夜子:新川優愛
ひなたの同級生で、お嬢さん育ちでおしとやかな優等生。子どものころから、英語にピアノ、習字を習い、大学進学を考え将来は先生になることを決めている。

桃太郎:青木柚
ひなたの弟。野球が大好きで少年野球で才能を発揮、進路に迷う姉をよそに、高校球児となって甲子園を目指す。ひなたの同級生・小夜子に、人知れず恋心を抱いているちょっとおませな面もある。

赤螺吉之丞:徳永ゆうき
ひなたの同級生で、同じ商店街の荒物屋を営む赤螺吉右衛門の息子。地域のガキ大将的な存在で、何かとひなたをバカにする。家業は継がず自分の将来をきちんと考えている姿に、ひなたはひたすら焦る。

森岡新平:おいでやす小田
あかね通り商店街の森岡酒店の店主。“キレの良い”トークでひなた家族のことをいつも気にかけている。

赤螺清子:松原智恵子
京都に住み始めたるいが、同じ町内でいつも頼りにする荒物屋「あかにし」のの女将。いつも背筋がぴんと伸びた気品あふれる。かつて祖母の安子と同じ町内に暮らしていたが、互いにそのことに気づかずにいる。

榊原誠:平埜生成
条映太秦映画村の職員。映画村のイベントやショーなどの企画運営をしている。幼いころから親しんだ時代劇をこよなく愛し、その世界で働いていることを誇りに思う実直な男。ひなたにとっても信頼できる人物となる。

美咲すみれ:安達祐実
かつて、桃山剣之介のヒット時代劇「棗黍之丞シリーズ」に出演し、人気を博した女優。ひなたにとって憧れの存在だったが、思いがけず出会ったすみれは機嫌が悪い。芸能界の荒波のなかで、何やらこじらせているらしい。

伴虚無蔵:松重豊
日本の時代劇を支えてきた大部屋俳優。殺陣は一流で、斬られ役として一目置かれている。ふだんから着流し姿で暮らし、時代劇言葉で話す変わり者。時代劇をこよなく愛するひなたにとって、やがて“師匠”のような存在になっていく。

(C) NHK

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT