ADVERTISEMENT

斎藤工&板谷由夏『あのこと』などイチオシ映画談

はみだし映画工房

(C)WOWOW

 最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは『THE FIRST SLAM DUNK』『グリーン・ナイト』『あのこと』『シスター 夏のわかれ道』の4本。

 法律で人工妊娠中絶が禁止されていた1960年代のフランス、望まぬ妊娠をした大学生が夢と学位のために、たった一人で戦う12週間が描かれる『あのこと』。観ていてこんな痛みを感じる映画はそうそうないと中井圭

「はみだし映画工房」とは……WOWOWシネマで放送中の映画情報番組「映画工房」とシネマトゥデイとのコラボ企画。無類の映画好きの斎藤工板谷由夏、そして映画解説者の中井圭が、最新の劇場公開作品について毎回ゆるいトークを繰り広げます。

“はみだし”ていない方、毎週金曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

ADVERTISEMENT

11月下旬から12月上旬のイチオシ作品はコレ!

『THE FIRST SLAM DUNK』12月3日公開

 バスケットボールに青春をささげる高校生たちの人間的成長を描いた、井上雄彦の人気コミックを映画化したアニメーション。ボイスキャストは宮城リョータ役の仲村宗悟、三井寿役の笠間淳、流川楓役の神尾晋一郎、桜木花道役の木村昴、赤木剛憲役の三宅健太などが名を連ねる。 【⇒作品情報はこちら】

『グリーン・ナイト』11月25日公開

 「指輪物語」などのJ・R・R・トールキンが現代英語に翻訳した、14世紀の叙事詩「サー・ガウェインと緑の騎士」の原典を実写化したファンタジー。不気味な騎士と遭遇したアーサー王のおいが、それを機にさまざまな試練にさらされていく。監督を務めるのは『永遠に続く嵐の年』などのデヴィッド・ロウリー【⇒作品情報はこちら】

『あのこと』12月2日公開

 第78回ベネチア国際映画祭にて金獅子賞を受賞したドラマ。法律で中絶が禁止されていた1960年代のフランスを舞台に、予期せぬ妊娠をした女子大生の苦悩を描く。監督を務めるのは『バック・ノール』などの脚本を手掛けてきたオードレイ・ディヴァン【⇒作品情報はこちら】

『シスター 夏のわかれ道』11月25日公開

 両親の死により、年の離れた弟の面倒を見ることになった女性の葛藤をつづる人間ドラマ。医者を目指す夢を追うのか、それとも幼い弟のために生きるのか、人生の選択に揺れる主人公の成長を描く。イン・ルオシンが監督を務め、『妻の愛、娘の時』などのヨウ・シャオインが脚本を担当。 【⇒作品情報はこちら】

【シネマトゥデイ厳選作品はこちら!】
『グリーン・ナイト』(11月25日公開)
『シスター 夏のわかれ道』(11月25日公開)
『はだかのゆめ』(11月25日公開)
『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』(12月1日公開)
『あのこと』(12月2日公開)
『月の満ち欠け』(12月2日公開)
『ブラックアダム』(12月2日公開)
『THE FIRST SLAM DUNK』(12月3日公開)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT