理想や綺麗事なき野獣たちの欲望が渦巻く韓流ノワール

2021年10月14日 なかざわひでゆき ビースト ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ビースト

 目的のためなら手段を選ばない昔気質の乱暴者と、職業的な倫理観を重んじる冷酷なモラリスト。この対照的なライバル同士のベテラン刑事が、猟奇連続殺人事件の捜査で出世を巡って対立し、やがてお互いに道を踏み外して泥沼へ引きずり込まれていく。フランス映画『あるいは裏切りという名の犬』のリメイク。ただし、前半はオリジナルにかなり忠実だが、しかし中盤からの展開はだいぶ異なる。登場人物はどいつもこいつも、欲望や本性を剥き出しにした野獣みたいなクズばかり。それは善悪の境界線の曖昧さと共に、理想や綺麗事なき人間の醜さをも白日のもとに晒す。イ・ソンミンにユ・ジェミョンという渋い名優同士の凄まじい芝居対決も圧巻。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]