ADVERTISEMENT

レベル・ウィルソンが笑わせてくれる

2022年5月14日 猿渡 由紀 シニアイヤー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
シニアイヤー

「ピッチ・パーフェクト」シリーズでもどんどん役が大きくなっていったレベル・ウィルソンが、コメディエンヌとしての才能を十分に発揮。彼女がとにかく笑わせてくれるし、ほかのキャストも良いので、細かいことはとやかく言わず楽しむべき。90年代に高校生だった主人公(ウィルソン)が20年間昏睡状態に陥り、覚醒後高校に戻るという設定で、その間世の中がどう変わったかが物語の大きなポイント。だが、昔が良かったのか悪かったのか、ポリコレが強い今がどうなのかについて何か言うことはしない。代わりに「自分らしくあること」というメッセージを送るのだが、そこにはやや使い古された感を覚えた。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT