ADVERTISEMENT

ここにも神の居場所はあるようだ。

2014年12月29日 ミルクマン斉藤 イロイロ ぬくもりの記憶 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
イロイロ ぬくもりの記憶

物語だけ抜きだせば大層ハートウォーミングなものを連想させ、ま、結果的にそうではあるのだが、なんせ語り口が知的でクール。勿体ぶった心理描写や説明的台詞は注意深く避け、起こった事実のみを淡々と綴っていくスタイルだが、それだけで心理描写も過不足なく、いやむしろ雄弁なほどだし展開もスピーディだ。憎ったらしくてブサイクでわがままなガキが、故国に幼子を残したまま出稼ぎに来ているフィリピン人ハウスメイドと交わるうち、次第に可愛く見えてくる不思議。文化的・階層的な差別構造も、皮肉な嗤いを伴いながら浮き彫りにさせていく見事さもあり、いや、このシンガポールの新人監督は大変な才能かも知れない。

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴:映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

近況:

ミルクマン斉藤さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT