シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

山戸結希とは違う才能のカタマリ

  • はらはらなのか。
    ★★★★★

    メジャーでさえ『L−エル−』のような地雷案件になるなか、あえてインディーズでファンタジーに挑む酒井麻衣監督。商業デビューの本作もファンタジーとリアルが交差する展開だが、過大評価感が否めなかった前作『いいにおいのする映画』から確実にステップアップ。子役あるあるなモノローグで始まる少女の成長物語は、メタ映画ながら親子試写会実施という異例展開も納得の仕上がり。それだけに、正直おじさんリピーターの私物化止まりではもったいない。とにかく生徒会長のミュージカルシーンなどを観るかぎり、酒井監督は同じ「MOOSIC LAB」出身監督の山戸結希とは違って、メジャー直球路線を突き進む才能を秘めているとみた。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ギャングース』『あの頃、君を追いかけた』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『ブレイン・ゲーム』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『榎田貿易堂』『ボス・ベイビー』『友罪』『フューチャーワールド』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて玉城裕規、「TV LIFE」にてJ☆Dee'Zインタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク