戦争の悲劇に光を当て、暗闇の中に希望を見出す

2017年8月6日 なかざわひでゆき 夜明けの祈り ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
夜明けの祈り

 第二次世界大戦において、連合軍・枢軸軍に関係なく軍隊によって民間人、中でも女性が暴行を受けたという例は枚挙に暇ないが、これはポーランドでの実話がベース。ソ連軍兵士にレイプされ妊娠した修道女たちが、宗教上の理由や国家間の力関係により事実を公に出来ない中、第三者であるフランス人の女医に助けを求める。
 戦争は銃後の日常をも狂わせ、政争は声なき声をかき消す。題材そのものは暗く重苦しい。だが、宗教観や立場の違いを超えて静かに共鳴し合い、事態を打開すべく前進していく女医と修道女たちの確かな友情が、この悲惨な出来事に救いと希望の光をもたらす。美しくも端正な映像がまた味わい深い。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]