シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ほのぼのラブストーリーと、鋭利なスリラーの新融合を予感させ

  • ラブコメの香りを漂わせる冒頭のムードに、徐々に怪しい空気が侵食していく。スマホが操られる恐怖に、猟奇殺人がシンクロする予感。そして、ただならぬ闇を抱えていそうな人物、要所のホラー的描写は、控えめタッチながら中田秀夫監督の職人技が冴える。黒いロングヘアも「貞子」へのセルフオマージュのよう。

    パスワード解読などのテクも、同時期公開中の『search/サーチ』と併せて楽しめ……と、何やら新感覚の面白さを予感させる前半は★★★★。が、ドラマにとって重要であるはずの部分が、どうにも蛇足に感じてしまう見せ場で印象が激変。これはこれで満足する人もいると思うが、肝心の「闇」を逆に浅くしてはいないか。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 6月にラミ・マレックをインタビューして以来、応援し続けてきた『ボヘミアン・ラプソディ』が日本でもまさかの特大ヒットとなって心から幸せを感じています。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク