シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

監督の狙いと裏腹に、やはり「違和感」こそ魅力ではないかと

  • ダンスウィズミー
    ★★★★★

    突然歌って踊り出す、ミュージカル映画の違和感をなくす監督の発想に「この設定があったか!」と感心してる人が多いけど、いやこれ、十分に「違和感」。しかも催眠術のせいで踊り出す主人公はともかく、周囲もミュージカル場面を作ってしまうのは、作劇としても非現実で、つまりこれは「違和感」を「楽しむ」という、正統派ミュージカルなのである。監督には申し訳ないが…。

    ここ数作、その作風がシフトしていた矢口監督だが、今回は『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』あたりの、いい意味での照れ臭い感じ、猪突猛進ノリが復活してる。それらを愛した人には直球かと。そして「至宝」宝田明先生の軽妙なステップは眼福であります。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 母校の神奈川県立湘南高校で映画の仕事の話をする機会をもらい、在校生から「将来、映画の仕事をしたいのですが、どうすればいいか」と相談を受けました。次世代に何かを伝える機会を得られて有意義な時間に。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク