美学の映画化

2020年11月13日 村松 健太郎 ばるぼら ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ばるぼら

手塚眞監督がアニメ版ブラックジャックに続いて、父親手塚治虫のコミックを映画化。
今回は『ばるぼら』監督自身の持つ耽美性、神秘性との相性がばっちりと会ったお題を選びました。
なんといっても稲垣吾郎と二階堂ふみというマンガ的な俳優を捕まえられたことはとても成功の大きく作用していると思います。
サングラス姿の稲垣吾郎はどう見てもロック・ホーム=間久部緑郎そのものです。
そのビジュアルだけでも一見の価値があります。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]