やはり多部ちゃん、最強説

2020年10月16日 斉藤 博昭 空に住む ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
空に住む

経理部の森若さん、極端でも等身大の「わたナギ」メイと、水を得た魚のごとく絶好調の多部未華子だが、今作では「感情と言動が一致しない」微妙な表現が要求される。しかも高級タワーマンションの新生活、『ノッティングヒルの恋人』的セレブとの恋愛、ワインだらけの日々と一見、地に足のつかない状況(物語的には自然な流れ)も何のその、主人公にシンパシーを感じさせるのは、彼女の実力と今の勢いのなせる業か。そこに過去最強のハマリ役で岩田剛典が加勢。

意外な部分では日常に虚しさを抱えつつ、それを受け止めようとする、主人公のおばの心情がグサリ突き刺さる瞬間も。主題歌は世界になじむが、ところどころ挿入される音楽に違和感。

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴:1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況:LAの『フェアウェル』ルル・ワン監督、ロンドンの『カセットテープ・ダイアリーズ』グリンダ・チャーダ監督に、Skypeインタビュー。ともに外出規制などある中、前向きに明るく話してくれて、一刻も早い日常生活の復活を祈るのみ。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]