人間は幾つになっても変化を受け入れるって大事

2021年6月10日 なかざわひでゆき ベル・エポックでもう一度 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ベル・エポックでもう一度

 かつては時代の寵児だったものの、いつしか社会の変化についていけない頑固老人となり、逆に変化を受け入れてビジネスに成功した妻から見放されてしまった元人気イラストレーター。そんな彼が映画セットやエキストラを使って好きな時代に戻れるタイムトラベルサービスを利用し、妻と最初に出会った懐かしき’74年を追体験する。といっても過去を美化するお話じゃない。象徴的なのは「昔は平和で単純で良かった」と懐かしむ夫に対し、「レイプが多くて中絶が違法で嫌な時代だった」と切り捨てる妻の台詞。若かりし頃の初心を忘れないことも大事だが、時代と呼応して自らをアップデートすることも怠ってはならない。老害と呼ばれないためにも。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]