組織も社会もそれを構成する個人の幸福なしでは成り立たない

2021年7月21日 なかざわひでゆき サムジンカンパニー1995 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
サムジンカンパニー1995

 韓国経済のグローバル化が本格化し始めた’95年、大志を抱いて大企業へ就職したものの、歴然と横たわる学歴格差や横行するセクハラに道を阻まれ、持てる能力を発揮できずにいる高卒女子社員たち。そんな彼女らが環境汚染問題に対する自社の隠蔽工作に気付いてしまい、危険を顧みず不正を暴くために奔走していく。我々は何のために仕事をするのか、長いものに巻かれて不正を見過ごしてもいいのか、そもそも組織も社会もそれを構成する個人の幸福なしでは成り立たないのではないのか。その問いかけは現在の日本人にも深く刺さるはずだ。実話をベースにしたストーリーもスリルと笑いと感動がてんこ盛りで、最後の最後まで本当に目が離せない。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]