【ネタバレあり】『ジョーカー』ストーリー、映像、音、そのすべてが強烈な劇薬!

第92回アカデミー賞

ジョーカー
『ジョーカー』より - TM & (C) DC. Joker (C) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

※ご注意 この記事は映画『ジョーカー』の内容に触れています。

 最多ノミネートというだけでもう、今回のアカデミー賞授賞式はジョーカーが制圧したも同然。会場でもっとも多く呼ばれるのは彼の名であり、その名を耳にするたびに、誰もが彼の踊る姿を思い浮かべずにはいられない。ジョーカーは授賞式参加者と視聴者の脳裏に何度も出現し、奇妙な形に身体をくねらせるのに違いない。(文・平沢薫)

[PR]

ジョーカー
『ジョーカー』より - TM & (C) DC. Joker (C) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

 と、そんな妄想を抱いてしまうほど、映画『ジョーカー』は観る者すべてに強い衝撃を与える劇薬だ。好きか嫌いかに関係なく、誰もが尋常ではないものに触れてしまったと痛感せずにはいられない。ストーリー、映像、音、そのすべてが強烈なのだ。

 ストーリーには物語が何層にも重なる構成だ。まず、ジョーカーというDCコミックスのキャラクターを新たな解釈で描き、そして、一人の不運な男がただ生き延びていくために変貌していく物語だ。また、現在の格差社会の状況を戯画的に描く物語でもある。同時に、トッド・フィリップス監督が敬愛する過去の映画群、『タクシードライバー』(1976)、『キング・オブ・コメディ』(1983)などにオマージュを捧げた映画でもある。

ジョーカー
『ジョーカー』より - TM & (C) DC. Joker (C) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

 さらに、そのジョーカー像も複数の解釈が可能だ。ラストで主人公は精神科の入院患者になっていて、すべては彼の妄想だという見方もできる。また、主人公の行動に触発されて暴徒となった人々の一人が、主人公の意思を代行するかのごとくウェイン夫妻(バットマンことブルースの両親)を銃殺したように、あの群衆の中の誰かが後にジョーカーになるという捉え方もできる。つまり、本作の主人公はバットマンの宿敵となるジョーカーではなく、そのジョーカーが影響を受けた人物だとも解釈できるのだ。その見方を押し進めて、この映画では道化師の仮面をつけて行動する人々は全員がジョーカーであり、ジョーカーは個人の名前ではなく、彼らが抱くある意識を意味する抽象名詞なのだとみなすこともできる。

 そして本作の映像と音は、そんな重層的な意味を持つジョーカーを、目で見て納得できる形で出現させる。セリフではなく、身体の動きで描くのだ。それを初めて見せるのが、公衆トイレで踊るシーンだ。

ジョーカー
『ジョーカー』より - TM & (C) DC. Joker (C) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

 海の底のような得体の知れない深緑の闇の中、主人公の内部にあった何かがうごめき出し、植物の芽が土を破って出てくるように、表に姿を現そうとする。その何ものかのうごめきに沿って、主人公の身体がゆっくり動き、それが踊りのように見える。彼の内部のうごめきが、植物のつるのように伸びていこうとして描く曲線は、低音の弦楽器が単体で奏でる旋律と同じ形をしている--。その衝撃。その美しさ。

 この踊りは何度も出現しながら、変化し続けていく。もともとジョーカーは、コミックでの誕生時からトランプのジョーカーの道化師のイメージを背負っており、道化師は踊るもの。彼が踊りの形で出現するのは正しい。この場面を観るだけで、本作が最多ノミネートになった理由がわかる。この光景の出現に貢献したものすべて、監督、脚色、主演男優、撮影、作曲、音響編集、録音、編集、衣装デザイン、メイク・ヘアスタイリングが各賞にノミネートされ、その集大成として作品賞が加わり、最多11部門になったのだ。

ジョーカー
『ジョーカー』より - TM & (C) DC. Joker (C) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

 従来のアカデミー賞の傾向を見ると、アメコミのキャラクターが主人公の映画が視覚効果系以外の賞を受賞するのは難しい。しかし、受賞数は関係ない。すでにこの最多ノミネート自体が、この映画の強烈さと美しさを証明している。

『ジョーカー』
デジタル先行配信中
1/29発売【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット(2枚組/ポストカード付)\4,980(税込)
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
TM & (C) DC. Joker (C) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

映画『ジョーカー』階段のダンス特別映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]