シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ゴーストバスターズ

公式サイト:http://GHOSTBUSTERS.JP
ゴーストバスターズ
英題:
GHOSTBUSTERS
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年8月19日
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

見どころ:1980年代に一世を風靡(ふうび)した人気コメディーシリーズの、装い新たな話題作。ニューヨークを舞台にした、女性ばかりの幽霊退治人たちの活躍を追い掛ける。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのポール・フェイグが監督を務める。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』に出演したクリステン・ウィグやメリッサ・マッカーシー、『テッド2』などのケイト・マッキノン、『マイティ・ソー』シリーズなどのクリス・ヘムズワースらが結集。

あらすじ:コロンビア大学の物理学者エリン(クリステン・ウィグ)は、旧友アビー(メリッサ・マッカーシー)が自分と共同発表した幽霊研究本を承諾もなく電子書籍化しているのを発見。憤慨して彼女の勤める大学向かうが、なぜか一緒に幽霊騒動の起きた屋敷を調査する羽目に。そこで初めて幽霊に遭遇したエリンは、アビーとその相棒ジリアン(ケイト・マッキノン)と共に喜ぶものの、それぞれ大学を解雇されてしまう。行き場をなくすも幽霊の存在を確信した三人は、超常現象の調査会社を立ち上げるが……。

ゴーストバスターズ

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    女性版ブロマンス的なものは最後の最後にちょっとだけ。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    映画が公開される前から何だかんだウルサかった本作だが、いやこれは性差別がどうのこうの以前の問題で、単にひたすらスベりまくる笑いが痛々しい。快作『ブライズメイズ』の面々をせっかく起用したのに、中途半端にオリジナルの1作目をなぞってしまったせいか、まったく弾けない。そもそもオリジナルがあれだけのコメディアン揃えたのに面白くもなんともない映画だったしね(当時はSFXに踊らされていたのだ)。いっそ脚本も『ブライズメイズ』のようにK.ウィグに任せればよかったと思うのだが。ただ、男性的視点が偏向する社会の揶揄であろうC.ヘムズワースのバカ秘書っぷりは当たり役すぎてカワイイのなんの(笑)。

  • 森 直人
    普通にめっちゃ楽しみました!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『あまちゃん』でもレイ・パーカーJr.の主題歌が使われてたなあ…と思い出しつつ堪能。懐かしネタ満載なのに「今の映画」として楽しめるのは、やはり(宮藤官九郎と同様に)時代への批評的な距離感が適切に利いてるからだろう。「80年代」ってよりむしろK・ウィグ(73年生)らの世代性が強く、『ピクセル』のずぶずぶノスタルジーとは似て非なるもの!

    オリジナルからの「男女逆転」も完全に時代的な必然だ。実質『ブライズメイズ』のリメイク(応用)でもあり、日本でも女芸人4人組によるカバーMVが話題になったが、確かに椿鬼奴がよく出ていた頃の「温泉同好会」に近いよ。『イッテQ』でいうと手越的なC・ヘムズワースは最高!

  • なかざわひでゆき
    懐かしいレトロ感も魅力のナイスなリブート
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ご存知、’80年代を代表する大ヒットコメディの女性版リブートに当たるわけだが、オリジナルのアイヴァン・ライトマン監督やダン・エイクロイドが製作陣に加わっていることもあり、しっかりと旧作のスピリットを継承しているところがファンには嬉しい。
     下手に今風のハイテク感を押し出さず、笑いのセンスを含めて、どことなく懐かしいレトロ感が漂うのも好感触。オリジナルキャストや懐かしのゴーストたちも、ちゃっかりと顔を出してくれる。
     確かに他愛のない映画ではあるが、夏休みに家族揃って楽しめるイベントムービーとしてはこれで十分。おバカな観賞用イケメンを嬉々として演じるクリス・ヘムズワースもなかなか微笑ましい。

  • 山縣みどり
    見どころは、幽霊退治じゃなくてヲタ女子たちの友情
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    コロンビア大学の終身雇用保証権ゲット寸前の物理学者が幼なじみとともに「ゴーストバスターズ」を設立し、幽霊退治に奔走という展開はほぼオリジナルのまま。旧作メンバーのカメオ出演もある。ただしメインの事件に関わるくだりは別物になっていて、旧作ファンも安心して楽しめるはず。随所に散らばったジョークににやり。主人公を女性に変えたことでヲタ女子の友情ドラマという側面が加わったのもプラスだろう。クリスティン・ウィッグ&メリッサ・マッカーシーの鉄板ぶりに加え、SNL組のケイト・マッキノン演じるエキセントリックな天才エンジニアが魅力的。彼女は歌もすごく上手でびっくり。C・ヘムズワースのビーフケーキっぷりも最高!

  • 相馬 学
    女性がゴーストを倒したって、いいじゃないか!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     主人公たちが男だろうが女だろうが面白いモノは面白いワケで、“女を主人公にするな!”という批判は当然お門違い。“幽霊を見た!”という女性への冷遇から英雄化への痛快さの振り幅はオリジナルを超えている。

     理系女子にも色々あって、クリステン・ウィグのコンサバ志向も、メリッサ・マッカーシーの我が道を行く的スタイルもハマっている。実力者であるコメディ女優が、それぞれにキッチリいい仕事を披露しているのがイイ。

     が、本作のMVPは、クレイジーな工学者にふんしたケイト・マッキノンだろう。キャラも見た目もオトコマエ。理工オタク過ぎて、まったくゴーストにビビらないパンクなキャラに惚れた。

  • 平沢 薫
    あの俳優やあのゴーストも再登場!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     普段のサイズならキュートなモノが、極端に巨大化して動き出すと、それだけで恐ろしい存在に見えてくる。この部分が「ゴーストバスターズ」シリーズの個人的なお気に入りポイントなので、本作がこのコンセプトの継承を意識しているところがナイス。
     バスターズを演じる女優4人は、オリジナル作のビル・マーレイやダン・エイクロイド同様、米コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」で活躍の面々、監督は彼女たちとコメディ映画で組んだポール・フェイグ、とくればギャグの応酬はお手のもの。前述の2人やシガニー・ウィーバーらオリジナル作のキャストたちが別の役で出演、オリジナル作のあのゴーストが再登場するのも楽しい。

  • くれい響
    一部で騒がれた酷評をブッ飛ばす面白さ。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    5年前、『ブライズメイズ』の監督&主演2人が、幾度も囁かれた3作目~リメイクの企画を実現させるなんて、誰が想像しただろう。間隔を置いて登場するカメオら、オリジナルをリスペクトしながら、さらにヒドい目に遭う新展開に、グローヴやガンなどの新ガジェット、おまけに徹底的にボケ倒し、エンドロールまで乗っ取るクリ・ヘム! しかも、シネスコサイズのスクリーンを飛び出す、いやハミ出してしまう驚異の3D技術。オリジナル世代なら、文句ない夢のような仕上がりだ。それにしても、『ドラゴン怒りの鉄拳』上映館前でゴーストと戦うケイト・マッキノンがカッコ良すぎ。彼女主演で『タンク・ガール』のリメイクが観たいものだ!

予告編・動画

白い巨体オバケ現る!『ゴーストバスターズ』新予告編
映画『ゴーストバスターズ』予告編
『ゴーストバスターズ』新映像
エグスプロージョン振付!『ゴーストバスターズ』日本版MV

» 『ゴーストバスターズ』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ゴーストバスターズ』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『ゴーストバスターズ』LEDサーチライト・ペン
    LEDサーチライト・ペン

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・共同脚本・製作総指揮:
製作総指揮: ダン・エイクロイド
視覚効果スーパーバイザー: ピーター・G・トラヴァース
衣装デザイナー: ジェフリー・カーランド

キャスト

エリン・ギルバート:
アビー・イェーツ:
ジリアン・ホルツマン:
パティ・トーラン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ゴーストバスターズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ゴーストバスターズ(2016)』評価と感想/リブートとしては上手かったです from eigamanzaiの映画レビュー (2017年5月1日 15時57分)
    いい感じにリブート ☆4.5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ ゴーストバスターズ映画『ゴーストバスターズ』の作品情報:1980年代に一世を風靡(ふうび)した人気コメディーシリーズの、装い新たな話題作。ニューヨークを舞台にした、女性ばかりの幽霊退治人たちの活躍を追い掛ける。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのポール・フェイグが監督を務める。www.cinematoday.jp ゴーストバスターズ|映画情報のぴあ映画生活『ゴーストバスターズ』は2016年の映画。&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画レビュー】『ゴーストバスターズ』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2017年1月31日 12時10分)
    ニューヨークのとある古い屋敷は、かつて惨劇があったことで名を知られ、今では何人も見物人が訪れるオカルトスポットとして有名になっていました。 そこで働く案内人は今日も見物人を引き連れ、幽霊屋敷のいわくを説明して回っていましたが、客が帰った後に本物のポルターガイスト現象に襲われビックリ仰天。 コロンビア大学で物理学者として働くエリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)の元へと、調査依頼に駆け込みます。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ゴーストバスターズ】カメオ出演を探すのも面白い(´∀`) from 元ボクサーの一念発起 (2017年1月7日 17時0分)
    懐かしのゴーストバスターズが復活! 幽霊退治に挑む科学者たちの活躍を描き、1980年代に一世を風靡した「ゴーストバスターズ」を、女性をメインキャラクターに新たに復活させたアクションコメディ! 『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのポール・フェイグが監督を務めています。 いごっそう612 どうも、いごっそう612です!懐かしさ満載! 作品情報 原題:GHOSTBUSTERS洋画:アクション・コメディ製作年:2016年製作国:アメリカ日本公開:2016年8月19日レンタル開始:2016年&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ゴーストバスターズ」 from 元・副会長のCinema Days (2016年9月12日 6時25分)
    (原題:GHOSTBUSTERS)製作意図が分からない映画だ。各国でヒットはしている。しかし、映画会社(ソニー・ピクチャーズ)は多額の宣伝費を投入しているため、いまだ採算が取れていないという。ならばPRの費用を抑えればペイできたのかというと、それも難しい。この... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ゴーストバスターズ(2016)」真剣に生きるって、難しい顔をすることではない from あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー【ストセラ】 (2016年9月2日 19時10分)
    プラモデル作りが楽しいです。 小学生の頃までは、暇があれば作っていたプラモデル。 息子とともにハウステンボスに行って、 息子のガンプラ(ガンダムのプラモデル)魂に火がついたのをキッカケに わたしの弟が「ガンダムビルドファイターズ」のブルーレイを貸してく… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年8月15日の週の公開作品
  3. 『ゴーストバスターズ』