シネマトゥデイ

ぼくが命をいただいた3日間 (2015)

2016年3月5日公開 56分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ぼくが命をいただいた3日間
(C) 吉本興業

見どころ

父親の郷里を訪れた少年が祖父母や近所に住む少女との交流を通し、食べること、生きること、そして命をいただくことの意味を学び、成長していくドラマ。ひと冬の経験を通じて「いただきます」という言葉の意味を理解する主人公にはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」などの若山耀人、村に住む美少女を『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』などの平祐奈が演じ、鶏や鹿を捕らえるシーンにも挑んだ。そのほか高橋和也、松原智恵子、でんでんらが脇を固める。

あらすじ

小学6年生の悠介(若山耀人)は、冬休みを父・啓太(高橋和也)の郷里で過ごすことになるが、田舎の自然や祖父母が日ごろ食べている田舎料理になじめずにいた。食事前に「いただきます」を言わずしかられるなど、不愉快な出来事が続き田舎暮らしへの嫌悪感を募らせる。しかし、祖父母の畑仕事を手伝い、山での猟といった山村の営みに触れるうちに、悠介は「命をいただく」ことの意味を学んでいく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
脚本
音楽
フードコーディネート
プロデューサー

映画詳細データ

製作国
日本
制作・配給
  • KATSU-do
制作
  • テレビ東京
製作
  • 吉本興業
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]