シネマトゥデイ

ライオット・クラブ (2014)

2016年7月23日公開 107分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ライオット・クラブ
(C) Blueprint Pictures (Posh) Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute, 2014

見どころ

名門オックスフォード大学に実在するという上流階級限定の秘密クラブをモデルにした、ローラ・ウェイド脚本による舞台を映画化。将来を約束された超エリート集団の華麗な世界の裏に隠されたゆがんだ虚栄心と、階級社会の闇を描き出す。メガホンを取るのは、『17歳の肖像』などのロネ・シェルフィグ。キャストには『あと1センチの恋』などのサム・クラフリン、『赤ずきん』などのマックス・アイアンズ、『ジュピター』などのダグラス・ブースらが出演する。

あらすじ

名門オックスフォード大学で超エリートのみが入会できる会員制秘密クラブ「ライオット・クラブ」。権力と欲望にまみれたクラブでは、会長の座をめぐって陰湿な争いが展開していた。そんな内情を知らず入会することになった新入生のアリステア(サム・クラフリン)とマイルズ(マックス・アイアンズ)は、夕食会に参加する。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE RIOT CLUB
製作国
イギリス
配給
  • 『ライオット・クラブ』上映委員会
製作会社
  • BLUEPRINT PICTURES
16:9シネマスコープ/ドルビーSRD/カラー
(新宿シネマカリテほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]