シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

22年目の告白−私が殺人犯です−

公式サイト:http://www.22-kokuhaku.jp
22年目の告白−私が殺人犯です−
(C) 2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年6月10日
上映時間:
製作幹事・共同企画:
日本テレビ放送網
企画・制作プロダクション:
ROBOT
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

見どころ:未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。韓国映画『殺人の告白』をベースに、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督がメガホンを取り、日本ならではの時事性を加えてアレンジ。共同脚本を『ボクは坊さん。』などの平田研也が担当。日本中を震撼(しんかん)させる殺人手記を出版する殺人犯を藤原竜也、事件発生時から犯人を追ってきた刑事を伊藤英明が演じる。

あらすじ:阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事の牧村航(伊藤英明)はもう少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされた上に犯人を取り逃してしまう。その後事件は解決することなく時効を迎えるが、ある日、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る男が事件の内容をつづった手記「私が殺人犯です」を発表し……。

22年目の告白−私が殺人犯です−
(C) 2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会

映画短評

  • 相馬 学
    現代性と娯楽性の絶妙な融合が生んだ快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     大筋は韓国映画『殺人の告白』の忠実なリメイク。それでもキャラクターの気持ちをすくい取り、見る側の感情を鷲づかみにする人間ドラマの巧妙さに唸った。

     静かに、しかし確かに潜んでいる被害者たちの激情がドラマを動かしてサスペンス性を高めるのはもちろん、そこから見えてくる社会性も興味深く、犯罪、SNS、メディア、法律等々の現実が、良い意味でのしかかる。“今”を見つめる作り手の目線の鋭さの表われか。

     藤原竜也、伊藤英明をはじめとする役者陣も抑揚の効いた演技でドラマを牽引。陽の藤原、陰の伊藤に、物語が進むほどキャラがデカくなる仲村トオルが加わっての後半の演技合戦も緊張感にあふれ、引き込まれる。

  • 清水 節
    劇場型犯罪やTVジャーナリズムを批評的に射る硬派なミステリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     プロットが入念に練られた上質のエンターテインメントだ。奇抜なアイデアから出発し「恨」を基調に戯画的アクションが際立った原作の韓国映画『殺人の告白』を、劇場型の狂気とTVジャーナリズムを批評的に射る硬派なテーマへと転換させ、事件関係者を多角的に描いて巧妙に換骨奪胎。名乗り出る殺人犯藤原竜也の多面性と、身体性に長けた正義漢伊藤英明のコラボがダイナミズムを高めた。美術的ディテールへのこだわりも奏功し、16mmやHi8で撮影した過去の質感もリアリティを強化している。1995年というこの国の曲がり角を起点とし、本作の同時代性は国際社会の闇にも及ぶ。入江悠監督のメジャー登板が増えることを期待しよう。

  • なかざわひでゆき
    韓国版を見ている観客をもまんまと欺く秀逸なリメイク
    ★★★★
    »読む«閉じる

     アッと驚くどんでん返しが見事だった韓国映画『殺人の告白』の日本版リメイクに当たるわけだが、こちらはさらにもう一つのどんでん返しを用意しており、オリジナルを見ている観客すらもまんまと欺いて見せる。ただのリメイクには終わらせない制作陣の並々ならぬ意欲が感じられるだろう。
     それはストーリーの構成も同様。オリジナルの基本プロットを生かしつつ、役柄の設定やサブプロットをガラリと変えることで、韓国版で顕著だった被害者家族の怨念よりも哀しみを際立たせる。さらに、派手なアクションの要素をバッサリと切り捨てることで、韓国版よりもずっしりと重みのある作品になった。それにしても伊藤英明、いい役者になったなあ。

  • 平沢 薫
    出来事はいつもディスプレイ上で起きる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     さまざまな出来事が、画面で中継動画を見る形で描かれる。人々は現在、ディスプレイ上の映像の形という形で現実を認識しているのだ。そのため出来事は、TV番組の生放送を映し出す映像やウェブにアップされた動画の中で起きる。人々の反応は、TVの街頭インタビューや、ウェブの中継動画につけられたコメント、SNSの画面で描かれる。その間接的な認識様式の持つ冷やかさと、登場人物たちが22年間に渡って抱き続ける感情の熱さが対比され、双方を際立たせている。
     映画音楽の役割は「ソーシャル・ネットワーク」以降のハリウッド映画の流れをくむもの。挿入歌ではなく映画音楽自体の主張が強く、それがドラマを引き締めている。

  • 山縣みどり
    同じ物語でも受ける印象が異なる、大成功リメイク!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    パク・シフが美しき殺人犯を演じた『殺人の告白』を日本でリメイクできるの?と思いながら見たが、これが大成功! 単なるコピーではなく、同じ物語でも受ける印象が異なる。よく練り上げられた脚本だし、日本の法制度や被害者心情をきっちり踏まえた構成に大いに納得させられる。オリジナル版に登場する被害者遺族の過激な行動や最後の被害者の悲惨すぎる運命に腰が引けていた身としては、伊藤英明演じる刑事をはじめとする被害者遺族や彼らを取り巻く人々の心情や言動がすとんと胸に入ってくるのも当然か。しっかり持ち場を守り、素晴らしいアンサンブルを生んだ役者陣に感謝。見終わって、時効についてもいろいろ考えちゃいました。

  • くれい響
    オリジナルの“その先”も描いた脚色の巧さ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ワーナー×日テレの韓国映画リメイク(『MONSTERZ』)、警察が犯罪者を護衛する展開(『藁の楯』)など、決して成功とは言い難いタイトルが思い浮かぶ企画ながら、本作は間違いなく成功例だ。オリジナル(『殺人の告白』)ではアクセントになったボウガンや毒蛇など、日本映画でやってしまうとリアリティに欠ける(ギャグにしか見えない)描写を排除、“その先”までも描いた脚色の巧さ。また、『ジョーカー・ゲーム』でその片鱗をみせていた入江悠監督のエンタメ大作との相性の良さなども相まって、オリジナルより3分短い尺ながら、オリジナル超え。ただ、伊藤英明の芝居にはチョン・ジェヨンほど、哀愁が感じられないのが悔やまれる。

予告編・動画

映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』予告編
「はじめまして、私が殺人犯です」藤原竜也×伊藤英明がW主演『22年目の告白−私が殺人犯です−』初映像
野村周平、先輩の伊藤英明をイジり倒す!映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』ジャパンプレミアイベント
伊藤英明からのメッセージ「中身なし」野村周平らにチャカされる 映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』初日舞台あいさつ

» 『22年目の告白−私が殺人犯です−』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』ポスター
    ポスター
  • 映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・脚本:
脚本: 平田研也
音楽: 横山克

キャスト

曾根崎雅人:
牧村航:
岸美晴:
小野寺拓巳:
牧村里香:
春日部信司:
戸田丈:
滝幸宏:
山縣明寛:
橘大祐:
仙堂俊雄:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「22年目の告白 私が殺人犯です」 from 元・副会長のCinema Days (2017年8月4日 6時36分)
    ハッタリをかました演出とテンポの良い作劇で退屈はしなかったが、随分と筋書きには無理がある。加えて、キャスティングも弱い。2012年製作の韓国映画「殺人の告白」(私は未見)を元ネタにしているとはいえ、設定自体は悪くないのでもっと工夫する余地はあったと... ...[外部サイトの続きを読む]
  • コワ面白い!「22年目の告白 -私が殺人犯です-」 from トレッドストーンblog (2017年7月5日 19時17分)
    毎月1日は映画の日、週末が重なったので何となく気になっていたこちらをチョイス! 例によって予備知識ゼロで観たんだけど面白かった! 後で調べたら、2012年の韓国映画「殺人の告白」日本版リメイクらしい。 やっぱね、ストーリーが良いのよ。 邦画って途中ダレることが... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「22年目の告白 私が殺人犯です」:まずまず楽しめるミステリー from 大江戸時夫の東京温度 (2017年6月28日 22時55分)
    映画『22年目の告白 私が殺人犯です』は、まずまず上出来なミステリー。原作となっ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」 from ここなつ映画レビュー (2017年6月19日 14時30分)
    すごいものを観てしまった…。それは、残虐なシーンの過度な露出や、ただ狂ってるとしか言いようのない「殺人犯」のことだけを言いたいのではなく、…つまり内容もさることながら役者が本当にすごかったのだ。ネタバレは絶対にするべきではない。なので、劇場予告編などでも判ることだけをかいつまんで。東京で22年前に起こった5人連続殺人事件は7年前に時効を迎えた。しかし、今になってその時の連続殺人の真犯人だと名乗る男(藤原竜也)がマスコミの前に姿を現わす。世間は色めき立ち、当時の捜査を担当していて断腸の思いで時効を迎えた刑事( ...[外部サイトの続きを読む]
  • 22年目の告白-私が殺人犯です- from 我想一個人映画美的女人blog (2017年6月15日 0時0分)
    本国で大ヒット、パク・シフ主演「殺人の告白」 2013年に日本でも公開された韓国映画の、日本リメイク。 「殺人の告白」 そもそも原作の映画は実際に起きた未解決の事件をベースにしていて、 わたしもお気に入りで、その年のベスト3位にした面白いサスペンス。 当時いろんな人に勧めていた映画だけど、まさか数年後にリメイクするなんて思いもしなかった 笑 監督・脚本は「SR サイタマノラッパー」「ジョーカー・ゲーム」の入江悠監督。 共同脚本に平田研也。 韓国版オリジナルを観ていない人は. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月5日の週の公開作品
  3. 『22年目の告白−私が殺人犯です−』