はるねこ (2016)

2016年12月17日公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『東京公園』『共喰い』などの青山真治監督がプロデュースを担当し、『終わりのない歌』の甫木元空がメガホンを取った異色の音楽劇。森で店を営む青年と、そこにやって来た家族との不思議な関係を紡ぐ。主演は、『祖谷物語 -おくのひと-』などのほか、甫木元監督作品にも出演した山本圭祐。高橋洋や川瀬陽太、りりィ、田中泯らが脇を固める。青山監督をして「最後の映画作家」といわしめる、甫木元監督のセンスは必見。

あらすじ

森の木々が語るのをやめるつかの間、客の来ない昼下がりに、店長(山本圭祐)は「ばぁ(りりィ)は自分と一緒に死ぬために森へ来たのではないか、あらかじめ父(田中泯)と約束していたのではないか」と思いを巡らせていた。父の後に姉と弟が来たのは、それが理由ではないか。店長はそんなことを考えながら、ギターをチューニングする。店長にとってその行為だけが、森の中で自分が自分でいるためのすべだった。

[PR]

キャスト

スタッフ

プロデューサー
ラインプロデューサー
監督・脚本・編集・音楽
撮影
照明
音響
現場録音
美術
音楽
仕上
メイク
衣装
操演
特機
助監督
制作担当
演出助手
撮影助手
照明助手
美術助手
衣装協力
制作助手
操演助手
スチル
整音助手

映画詳細データ

製作国
日本
企画協力
  • ユーロスペース
製作・配給
  • Miner League
カラー
(ユーロスペースほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]