シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
哭声/コクソン
(C) 2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION
英題:
THE WAILING
製作年:
2016年
製作国:
韓国
日本公開:
2017年3月11日
(シネマート新宿ほか)
上映時間:
配給:
クロックワークス
シネマスコープ/DCP5.1ch

見どころ:『アシュラ』などのクァク・ドウォンが主演を飾り、『チェイサー』『哀しき獣』などのナ・ホンジン監督と組んで放つ異色サスペンス。とある田舎の村に一人のよそ者が出現したのをきっかけに凶悪な殺人事件が頻発し、人々が混沌の中に突き落とされるさまを描く。『華麗なるリベンジ』などのファン・ジョンミンをはじめ、日本からベテラン國村隼が参加。

あらすじ:警察官ジョング(クァク・ドウォン)が妻と娘と暮らす平和な村に正体不明のよそ者(國村隼)が住み着いて以来、住人たちは彼のうわさをささやいていた。やがて、村で突然村人が自分の家族を手にかける事件が発生する。犯人には、濁った目と湿疹でただれた肌という共通点があり……。

哭声/コクソン
(C) 2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

映画短評

  • なかざわひでゆき
    近年稀に見る怪作であることは間違いなし
    ★★★★
    »読む«閉じる

     韓国の小さな村で次々と起きる猟奇殺人。様々な噂や憶測が広まる中、やがて村外れに住み着いた謎の日本人に疑いの目が向けられていく。
     『殺人の追憶』みたいな猟奇サスペンスかと思ったらビックリ仰天。悪魔憑きだゾンビだ祈祷合戦だと、予期せぬ方向へどんどんと話が膨らむ。和製オカルト映画の怪作『犬神の悪霊』も顔負けの破天荒ぶり。そういえば、設定的になんとなく似ている点も少なくない。そこは日本と韓国の文化的類似性ゆえなのだろう。
     地域社会引いては韓国社会の閉鎖性、キリスト教とシャーマニズムの宗教的融合などを背景にしつつ、あらゆる解釈を許容する手ごわい作品。よく分からんけど凄いもの見ちゃったという感じだ。

  • 山縣みどり
    信じるものは救われるって、ないよね~。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    田舎の川で釣り糸を垂れる國村隼の絵柄から不気味全開で、全然のどかじゃない事件が次々と起こり、いきなり連続殺人鬼サスペンスの気配が濃厚に! でもさらに捻るのがナ・ホンジン監督の真骨頂。未知のものへの恐怖がヒステリー的に拡散する様子や、第三者的な視線がないために起こる狭いコミュニティの勘違い結束などなど。人間が心の奥に秘める恐ろしさをすくい取っての連続ノックにゼイゼイ。日本の神道と韓国の(日本のも通じる)祈祷、さらにはキリスト教も絡めてのエクソシストというクライマックスまで見届けるには強靭な体力が必要と感じました。邪な存在は軽々と宗教を超えるというか、神を信じても救われないってことね。

  • 清水 節
    独自の知見に基づく読解を求め、監督は惑わし攪乱し挑んでいる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     監督がテーマや読解法を語らず、謎めいたまま世に放たれた韓国映画の怪作。連続殺人の謎解きミステリーかと思いきや、オカルト映画やゾンビ映画に変質する。犯人の疑いを掛けられた素性の知れぬ“よそ者”への、人々の先入観や思い込みに応じて変化しているように映る。不安におののく集団の想念が、悪の姿形を変容させているのではないか。メディアの報じ方によって話題の人物の印象がくるくると変わるように。オープニングで「新約聖書」が引用される。肉と骨をともなってイエスが復活した教えを、本作は、悪意の実体化に置き換えたと僕は読解した。観る者独自の知見に基づく読解を求め、ナ・ホンジン監督は、惑わし攪乱し挑んでいる。

  • 平沢 薫
    映画のジャンルがどんどん変わる!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     物語が何層にもなっていて、見ているうちに映画のジャンルがどんどん変化していく。異文化差別ものなのかと思ったら、猟奇殺人ものになったかと思うとさらに、と、四転五転。いったい何の話に収束していくのか、最後の最後まで予断を許さない。そのドラマの作り方、作劇術の面白さ。
     しかもそれだけではない。その面白さとは別に、"信じるとはどういうことか"という普遍的なモチーフを描いてもいるので、物語の奥が深い。
     そして、そんなあれやこれやを凌駕してしまいそうなのが、この世界の中に異物として存在する國村隼の静かな怖さ。そのたたずまいは一見の価値あり。

  • 相馬 学
    ドラマかオカルトかはともかく、とにかく強烈!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     観終わって、なんかスゴイものを見たという印象。二度見て、これはやはりスゴイ……そう思わせるのは物語も映像もディープに突き詰める、ナ・ホンジンの剛腕がなせる技か。

     田舎ののどかさをベースにして、血まみれ殺人事件、悪魔憑き的発狂などの恐怖描写を乱打。國村隼の魔物的存在感に加え、ゾンビ映画を思わせる描写も飛び出す。とりわけ祈祷シーンはアクション映画のようなダイナミズムを感じさせ、目を見張った。

     何より、現実的なドラマとオカルトの境界線を綱渡りする、そんな構造に後ろ髪を引かれる。絵的な興奮を喚起させるばかりか、思索を促す力作。“信心”という物語のテーマを考えつつ、三度目も見なきゃ、だ。

  • くれい響
    ダダ漏れするパワフルな狂気
    ★★★★
    »読む«閉じる

    あの『チェイサー』も『哀しき獣』も、本作の前フリでしかなかったと思わせるほどのド怪作。ありがちな、ほのぼの田舎警察もので始まったかと思えば、“よそ者”を演じる國村隼は「指輪物語」のゴラムにしか見えなくなるほどの化け物演技を披露。さらに、颯爽とファン・ジョンミン演じる祈祷師が登場すると、『エクソシスト』<<『震える舌』級のオカルト路線まっしぐら! しかも、ひたすら不穏な空気が流れながらも、スクリーンからパワフルな狂気がダダ漏れ! もはやジャンルを超え、映画の方程式すらもブッ壊した、ナ・ホンジン監督のやりたいこと、全部乗せにひたすらフルボッコ状態。そして、翌日からあの哭声が耳元から離れなくなる…。

予告編・動画

クァク・ドウォン、國村隼ら出演!映画『哭声/コクソン』予告編
斎藤工&板谷由夏が『モアナと伝説の海』など3月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『哭声/コクソン』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『哭声/コクソン』ポスター
    ポスター
  • 映画『哭声/コクソン』チラシ
    チラシ
  • 映画『哭声/コクソン』チラシ
    チラシ

スタッフ

脚本・監督:
プロダクションデザイン: イ・ウキョン
衣装デザイン: チェ・キョンファ

キャスト

警官ジョング:
祈祷師イルグァン:
山の中の男:
目撃者ムミョン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『哭声/コクソン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「哭声/コクソン」 from 元・副会長のCinema Days (2017年4月3日 6時35分)
    (英題:THE WAILING )わけの分からない映画である。もちろん“わけの分からぬ映画を作ってはいけない”ということはなく、その“わけの分からなさ”に作者のポリシーが一本通っていて映画的面白さに結実していれば文句はない。しかし本作は、各モチーフが文字通り“わけが... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「哭声(コクソン)」 from ここなつ映画レビュー (2017年3月30日 15時0分)
    2時間半あまりの大作。途中すごーく怖いシーンもあるので、鑑賞前には忘れずにトイレに行くことをお勧めする。などの戯言はいいとして、そう、とても怖い話であった。文系のくせに科学しか信じない私でさえ、最初こそ「いいから早く医者連れてけよ」と思ってはいたものの、終わってみると人知を超えたものに対する恐怖がひたひたと押し寄せてきて身の置き場がない。激しい雨の降るある朝、巡査部長のジョング(クァク・ドウォン)は殺人事件の現場からの呼び出し電話を受ける。捜査に出向くと、そこは陰惨な現場であった。刃物で惨殺された夫婦。捕獲 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 哭声 コクソン/THE WAILING from 我想一個人映画美的女人blog (2017年3月26日 22時53分)
    THE WAILING 声をあげて泣く、泣き叫ぶ。 「チェイサー」「哀しき獣」などのナ・ホンジン監督作品。 ってことで、楽しみにしてた本作。 監督をしている弟の翔はこの作品が今のところ、今年のナンバーワンだそうで。 初日だったかな、に観たんだけどわたしもかなり好みで、早くレビュー書きたかったのだけど今になっちゃった もうとにかく、異国人である(日本人役)の國村隼さんの、 語らない顔だけ(表情)の演技の説得力と怖さがすごい 國村さんといえば、園子温監督作などでも認識ある. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『哭声/コクソン』評価と感想/ぐるっと回って考えるとツインピークスか? from eigamanzaiの映画レビュー (2017年3月25日 21時29分)
    カメラがとにかく素晴らしい ☆5点 (あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ) ツイッターとか見てたら、何やら評判が良さそうなので鑑賞。 全国で12館くらいの上映で、東京ではシネマート新宿と楽天地シネマズ錦糸町の2館の上映です。 楽天地シネマズ錦糸町は全然行ったことが無く、シネマート新宿(TCGメンバーズカード加入は嬉しい)もたまに行くくらいなので予告編も全く知らずでの鑑賞です。 予備知識としては ・『チェイサー』のナ・ホンジン監督作であること ・連続殺人事件モノであること ・村はずれに住む國村隼&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 哭声 コクソン・・・・・評価額1750円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年3月19日 23時48分)
    惑わす者は誰か? さすがはナ・ホンジンだ。 開けてみるまで、作品の中身が全く想像出来ない。 邦題は「哭声」という漢字が当てられているが、コクソンとは物語の舞台となる全羅南道谷城(コクソン)郡という地名。 山深い片田舎で原因不明の奇妙な連続殺人事件が起こり、人々は國村隼演じる謎の日本人が関わっていると噂する。 いかにも韓国的な祈祷師による悪霊払いなど、土着性を前面に出しながら、実... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月6日の週の公開作品
  3. 『哭声/コクソン』