シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

公式サイト:http://www.yozora-movie.com/
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
(C) 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年5月13日
(新宿ピカデリー、ユーロスペースほか)
上映時間:
配給・製作:
東京テアトル / リトルモア
製作:
テレビ東京 / ポニーキャニオン / 朝日新聞社
カラー

見どころ:『舟を編む』などの石井裕也監督が、最果タヒのベストセラー詩集を実写映画化。東京を舞台に、都会で暮らす若者たちの出会いと恋の始まりを映す。夜はガールズバーで働く看護師を、石橋凌と原田美枝子の娘である石橋静河、日雇い労働者の青年を石井監督作『ぼくたちの家族』などに出演してきた池松壮亮が演じる。そのほか市川実日子、松田龍平、田中哲司らが共演。

あらすじ:2017年東京。看護師の美香(石橋静河)は病院に勤める傍ら夜はガールズバーで働き、漠然とした不安や孤独の中で日々過ごしていた。一方、工事現場での日雇い仕事に従事する慎二(池松壮亮)は、常に死の気配を感じながらも何とか希望を見いだそうとしていた。排他的な都会で生きづらさを抱えつつも、懸命に生きるすべを模索する二人が出会い……。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
(C) 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    孤独なふたりを結び付け、世界を肯定したくなる瞬間が訪れる物語
    ★★★★
    »読む«閉じる

     感覚的な映像で表わされる、無機質な都会の喧噪や焦燥――。石井裕也は、詩人・最果タヒの感受性豊かな言葉から、他者に無関心な東京の片隅であがく男女が反撥しながらも徐々に距離を縮める物語を、見事に肉化した。孤独なふたりは、生に懊悩煩悶し、死と隣り合わせの大都会で彷徨い続ける。ここでは不穏な予感を抱かせることばかり起きるが、それでも世界を肯定したくなる瞬間が訪れる。生きづらい街だからこそ、たやすく愛など信じようとはしないふたりは同質性を感じ、磁石のように引き寄せられたのだ。刹那に生を燃焼させることを繰り返し、若者の“なれの果て”である不器用な田中哲司の視点から、それでも生きようと叫びたくなった。

  • くれい響
    肝はやはり池松壮亮の芝居
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    新人監督ならまだしも、大御所感溢れる石井裕也監督がこのテの青春映画を撮るとは意外。しかも、東京と函館、舞台は違えど、同じく孤独な男女の出会いを描いた『オーバー・フェンス』とのカブり具合が妙に気になる。ヒロインがキャバ嬢→ガールズバーのバーテンというだけでなく、キーパーソンとなる主人公の同僚が松田翔太→松田龍平とはいかがなものか。『オーバー・フェンス』に比べ、青さは否めないが、決して悪い映画ではないし、渋谷や新宿のゲリラ撮影や、『バンクーバーの朝日』では消化不良だった石井監督による新たな池松壮亮の芝居は堪能できる。

  • 森 直人
    ボーイ・ミーツ・ガール、「出会い」についての考察
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    石井裕也 meets 最果タヒ、の出会いから立ち上がったひと組の男女のお話。渋谷・新宿のゲリラ撮影が主となる「都市の映画」、ではあるが、二人をつなぐのは街への親和性ではなく違和感だ。一千万人の中から同じ周波数をキャッチして引き合う運命の糸を数値的な正確さで見せてくれる。

    キーワードとなるのは「嫌な予感」。これは石井の初期作品『反逆次郎の恋』(06年)に近い。だがどんどん悪くなる世界でも、ひとつの縁が明日をもたらす。ギリギリの希望かもしれないが、それさえあれば生きていける。「どうでもいい奇跡」等について言葉を交わす宮下公園のシーン――どこか街頭演劇のような抽象性をまとった二人の光景が美しい。

予告編・動画

斎藤工&板谷由夏が『マンチェスター・バイ・ザ・シー』など5月中旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

(C) 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』ポスター
    ポスター
  • 映画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』ポスター
    ポスター
  • 映画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』チラシ
    チラシ
  • 映画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』詩と写真のカード
    詩と写真のカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
原作: 最果タヒ
エンディング曲: The Mirraz
撮影: 鎌苅洋一
照明: 宮尾康史
美術・装飾: 渡辺大智
編集: 普嶋信一
音楽: 渡邊崇
写真: 大森克己
アニメーション: 松丸翔
衣装: 立花文乃
ヘアメイク: 豊川京子
音響効果: 柴崎憲治
VFXプロデューサー: 赤羽智史
助監督: 石井純
製作担当: 栗林直人
キャスティング: 福田真弓
製作渉外: 藤田充彦
海外担当: 荒木啓子
宣伝プロデューサー: 中野朝子

キャスト

美香:
慎二:
玲:
牧田:
アンドレス:
美香の母:
智之:
岩下:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「夜空はいつでも最高密度の青色だ」 from 元・副会長のCinema Days (2017年6月3日 6時35分)
    この映画の“外観”は、かなり危なっかしい。主人公の若い男女は自己陶酔型のモノローグと意味ありげな仕草を延々と垂れ流す。その芝居がかったワザとらしさに拒否反応を起こす観客も少なくないだろう。映像的なケレンも満載で、まさに独り善がりの駄作に繋がりそうな雰... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』評価と感想/東京で生きるということ from eigamanzaiの映画レビュー (2017年5月30日 15時55分)
    笑えるシーンもあって面白い ☆5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ映画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の作品情報:『舟を編む』などの石井裕也監督が、最果タヒのベストセラー詩集を実写映画化。東京を舞台に、都会で暮らす若者たちの出会いと恋の始まりを映す。www.cinematoday.jp 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ|映画情報のぴあ映画生活『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は2017年の映画。『映画 夜空はいつでも最高密&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「夜空はいつでも最高密度の青色だ」:二人に共感できなくて・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年5月15日 23時18分)
    映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』は、石井裕也監督久々の新作。原作は詩だって ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年5月8日の週の公開作品
  3. 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』