シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
火花
(C) 2017「火花」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年11月23日
(全国東宝系)
上映時間:
製作・配給:
東宝
製作:
吉本興業 / 電通 / ジェイアール東日本企画 / 文藝春秋 / 朝日新聞社 / KDDI / 日本出版販売 / GYAO
制作:
よしもとクリエイティブ・エージェンシー / 東宝映画
制作プロダクション:
ザフール / パイプライン
カラー

見どころ:お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹の芥川賞受賞作を、菅田将暉、桐谷健太ら出演で映画化した青春ドラマ。漫才の世界に飛び込んだものの結果を出せずにいる男と先輩芸人を通して、厳しいお笑いの世界で切磋(せっさ)琢磨する若者たちの姿を描く。メガホンを取るのは俳優だけでなく、『月光ノ仮面』などで監督も務めてきた芸人の板尾創路。木村文乃、川谷修士、三浦誠己らが共演する。

あらすじ:徳永(菅田将暉)は、お笑いコンビ「スパークス」としてデビューを果たすものの、一向に売れる気配がなかった。ある日、営業に出掛けた熱海の花火大会で4歳年上の神谷(桐谷健太)と知り合う。徳永はお笑いコンビ「あほんだら」としてステージに立った神谷が見せた型破りな漫才に衝撃を受ける。そこで徳永が神谷に弟子入りを願い出ると……。

火花
(C) 2017「火花」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    桐谷健太と菅田将暉の掛け合いは笑いへの憧憬と敬意に満ちている
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     劇的な展開はなく成功譚でもないが、芥川賞の映画化にしてはモチーフが漫才だけに大衆性も兼ね備えている。不安と孤独に苛まれくすぶり続ける狂った十年を、一気に見せ切る力がある。映画であることを志向したNetflixのTVシリーズ版に対し、映画版にはTV的な感性が宿っている。最も体現するのが、桐谷健太と菅田将暉の日常の掛け合い。大阪弁による小気味よいテンポは神懸かり的で、笑いへの憧憬と敬意に満ちている。原作にない画でキャラクターの内面を表す術を板尾創路監督は心得えており、ライブ場面のテンションは尋常じゃないが、青春劇としては淡泊。主題歌を提供したビートたけしが監督していたならば…と夢想した。

  • 天本 伸一郎
    職人的な演出ながら、芸人のリアルさは板尾創路ならでは
    ★★★★
    »読む«閉じる

    いわずとしれた又吉直樹による芥川賞受賞作の映画化で、それぞれ別のコンビを組む二人の若手漫才師の約10年に及ぶ交流を描く。Netflixのドラマ版では全10話で原作の余白を埋めて膨らませていたのを、今回の映画版では原作を削ぎ落して密度をあげており、時間経過に関しては映画版では伝わりにくいところもあるものの、双方ともに成功していると思う。独特の世界観を持つ板尾創路らしさは影を潜め、職人的な演出に徹しているが、今回はリアルな芸人を描くという点で、らしさが活かされていた(太鼓のお兄さんと馬のシーンも板尾らしかったが)。また、クライマックスの菅田将暉がコンビを組むスパークスの漫才は感動必至!

  • くれい響
    役者は素晴らしい、映画の仕上がりは…。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「映画版」として、菅田将暉と桐谷健太のキャスティングが完璧なのはもちろん、クライマックスの「スパークス」の漫才シーンも文句なしに素晴らしい! キーワードとなる熱海や吉祥寺の情景も印象的だ。とはいえ、「Netflix版」の職人監督群に比べ、板尾創路監督の演出はクールすぎて、胸に訴えかけてこない。しかも、「神谷が徳永のどこに惹かれ、どう影響されたか?」があまりに描かれていないこともあり、逆の状況になったときの衝撃は皆無。そのため、今後あまり語られないであろう芸人残酷物語『ボクたちの交換日記』に及ばない仕上がりに。ちなみに、どちらも木村文乃が出演しているが、そんなに芸人のカノジョ顔なのか?

  • 森 直人
    とびきり優しい青春の歌
    ★★★★
    »読む«閉じる

    かねてより板尾監督が映画化を希望していた大喜利青春マンガ『キッドアイラック!』(長田悠幸)を、NHK Eテレの『SWITCHインタビュー』(昨年6月)で菅田将暉にそっと渡していた……のが前フリ。硬質の原作小説、やたら「映画的」だったドラマ版に対し、この映画版はゴツゴツと愚直さに徹した温かい人柄の『火花』だ。

    自作自演による板尾監督の前二作が特異な作家映画だとすれば、その異才が「普通に」心をこめて歌ったフォーキーな味わい。『帰ってきたドラえもん』ばりに「逆のことを言う」漫才は名シーンに。めっちゃ可愛いヤンキーのお姉さん仕様の木村文乃、芸人と俳優の境界をハナから消している三浦誠己など脇も抜群。

  • 斉藤 博昭
    今年の主演男優賞、総合成績では菅田将暉に差し上げたい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    Netflix版の林遣都は、本人と役の離れたイメージを近づける過程に感心したが、今回の菅田将暉は見るからにハマリ役。両者の役へのアプローチの違いを比べると面白いかも。そして菅田将暉、スクリーンに現れた瞬間から完全に役として“生きている”ことに驚く。『帝一の國』『あゝ、荒野』とハイレベル演技のキープ力には恐れ入るばかり。
    板尾監督は得意分野でも、やり過ぎな演出は極力、回避。もうちょっと観たい「寸止め」シーンも多用しつつ、キーポイントはじっくり演出する。じつに誠実な仕上がり。その誠実さに物足りなさも感じなくはないが、ホロ苦さと切なさが混在した青春映画の佳作をめざし、その目標は達成された。

予告編・動画

菅田将暉と桐谷健太の歌声『火花』予告編第2弾
菅田将暉&桐谷健太主演!『火花』予告編
菅田将暉×桐谷健太で映画化『火花』特報

» 『火花』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010

(C) 2017「火花」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『火花』ポスター
    ポスター
  • 映画『火花』チラシ
    チラシ
  • 映画『火花』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
脚本: 豊田利晃
原作: 又吉直樹
主題歌作詞・作曲: ビートたけし
製作: 岡本昭彦 / 市川南
エグゼクティブプロデューサー: 藤原寛 / 上田太地
企画・プロデュース: 片岡秀介 / 臼井央
チーフプロデューサー: 古賀俊輔
プロデューサー: 鳥澤晋 / 西野智也
アソシエイトプロデューサー: 谷垣和歌子 / 高田奈々子
キャスティング: 星久美子
協力プロデューサー: 楠本直樹
音楽プロデューサー: 田井モトヨシ
制作管理: 橋本淳司
ポスプロプロデューサー: 篠田学
撮影: 福本淳
照明: 市川徳充
録音: 久連石由文
美術: 宮守由衣
編集: 今井剛
音楽: 石塚徹
衣装: 宮本まさ江
ヘアメイク: 徳田芳昌
音響効果: 柴崎憲治
装飾: 野村哲也
VFXスーパーバイザー: 進威志
監督補: 増本庄一郎
助監督: 猪腰弘之
制作担当: 高見明夫
ラインプロデューサー: 武石宏登

キャスト

徳永:
神谷:
真樹:
山下:
大林:
鹿谷:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『火花』の映画ニュース

  • 「掏摸(スリ)」「教団X」などで知られる芥川賞作家・中村文則の同名小説を岩田剛典(EXILE /三代目 J Soul Brothers)の主演で映画化する『去年の冬、きみと別れ』から予...告編が公開され、岩田と斎藤工が火花を散らす対決シーンがお披露目された。 『...
  • 2006年にスクリーンデビューして以来、数々のテレビドラマや映画に出演してきた女優・木村文乃。これまでは、フェミニンで柔らかいルックスを持ちつつも、テレビドラマ「サ...みせる人間味あふれる女性を好演。さらに『火花』(2017)では金髪の派手なルックスながら...
  • 老舗映画雑誌「キネマ旬報」が1924年度から発表している「キネマ旬報ベスト・テン」が今年も発表され、石井裕也監督の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が日本映画の...』 主演男優賞:菅田将暉 『あゝ、荒野』『火花』『帝一の國』『キセキ −あの日のソビト...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ショートレビュー「火花・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年12月2日 15時28分)
    “火花”は”花火”に成れるのか。 純文学作家・又吉直樹を誕生させた、同名芥川賞小説の映画化。 菅田将暉演じる、お笑いコンビ”スパークス”の徳永が、大阪から来たお笑いコンビ”あほんだら”の神谷と衝撃的出会いをする。 徳永は弟子入りを志願し、神谷は「自分の伝記を書くこと」を条件に受け入れる。 人当たりの良い神谷に徳永は心酔してゆき、神谷もまた徳永を可愛がり、彼の考える笑いの真髄を伝授... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 火花 評価と感想/夢を諦めた全ての人に捧げる応援映画 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年11月28日 16時31分)
    なので監督の不倫スキャンダルは要らなかった ☆4点 吉本興業所属のお笑いコンビ、ピースの又吉直樹による第153回(2015年上半期)芥川賞受賞作品の映画化で、監督も吉本興業所属のお笑いコンビ130Rの板尾創路、主演は菅田将暉と桐谷健太、共演に木村文乃 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 火花映画『火花』の作品情報:お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹の芥川賞受賞作を、菅田将暉、桐谷健太ら出演で映画化した青春ドラマ。漫才の世界に飛び込んだものの結果を出せずにいる男と先輩芸人を通して、厳しいお笑いの世界&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「火花」:原作がそうだから、しょうがないけど from 大江戸時夫の東京温度 (2017年11月26日 23時55分)
    映画『火花』には花火の映像が色々と出て来ますけど、「花火」じゃなくて「火花」です ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『火花』★菅田&桐谷~漫才ラブの火花はバチバチと!(^_-)-☆ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2017年11月24日 0時3分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172563/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・徳永(スパークス): 菅田将暉   ←演技目当て☆ ・神谷(あほんだら): 桐谷健太   ←同上 原作未読です。 上2人が魅せる世界を、楽しみにしていました☆ 2人はコンビでなく、菅田くんは、桐谷さんの弟子にしてくれと頼みま... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年11月20日の週の公開作品
  3. 『火花』