シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
パトリオット・デイ
(C) 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
英題:
PATRIOTS DAY
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年6月9日
(TOHOシネマズ スカラ座ほか)
上映時間:
配給:
キノフィルムズ
製作会社:
CBSフィルムズ
カラー/シネマスコープ/5.1ch

見どころ:2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンス。世界を震撼(しんかん)させた同事件の解決に奔走した者たちの姿を追う。監督は、『バーニング・オーシャン』などのピーター・バーグ。『ディパーテッド』などのマーク・ウォールバーグ、『COP CAR/コップ・カー』などのケヴィン・ベーコン、『バートン・フィンク』などのジョン・グッドマンらが出演。事件当時の実際の映像も盛り込み、緊迫感をより際立たせている。

あらすじ:2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。

パトリオット・デイ
(C) 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

映画短評

  • 森 直人
    メッセージ性の強い「事実」を「映画」としてどう扱うか
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ピーター・バーグ監督&マーク・ウォールバーグ主演のタッグはこれで三作目だが、『バーニング・オーシャン』とはワンセットと言えそうな実録物の佳作だ。特に前半のリアリズムが素晴らしい。ボストンの街における多様な人間群像、犯人の特定に向けてのサスペンスなど、オーソドックスな劇映画の文法で構成しながら、随所に挿入されるオバマなど2013年当時の記録映像が浮き上がらないトーン&マナーがお見事。

    後半も堅実な演出がキープされ、「本物」の方々が登場して証言する流れへも抑制が利いており、どこか『ハドソン川の奇跡』の慎ましさと響き合っている気がする。役者では「静」に徹したケヴィン・ベーコンがめっちゃいい!

予告編・動画

実際に起こった爆弾テロ事件を描く!映画『パトリオット・デイ』予告編
マーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコンら出演!映画『パトリオット・デイ』特報

» 『パトリオット・デイ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『パトリオット・デイ』ポスター
    ポスター
  • 映画『パトリオット・デイ』チラシ
    チラシ
  • 映画『パトリオット・デイ』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・原案・脚本:
原案・脚本: マット・クック
プロダクションデザイン: トム・ダフィールド
キャスティング: シーラ・ジャッフェ

キャスト

トミー・サンダース:
リック・デローリエ:
エド・デイヴィス:
ジェフ・ピュジリーズ:
キャロル・サンダース:
ジョハル・ツァルナエフ:
タメルラン・ツァルナエフ:
ショーン・コリアー:
ダン・マン:
ジェシカ・ケンスキー:
パトリック・ダウンズ:
キャサリン・ラッセル:
ビリー・エヴァンス:
デヴァル・パトリック:
トーマス・メニーノ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パトリオット・デイ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月5日の週の公開作品
  3. 『パトリオット・デイ』