リメイク版『スカーフェイス』主演俳優が降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主演を務める予定だったディエゴ・ルナ
主演を務める予定だったディエゴ・ルナ - Rich Polk / Getty Images for IMDb

 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などのメキシコ出身の俳優ディエゴ・ルナが、主演を務める予定だったリメイク版『スカーフェイス』から降板していたとColliderなどが報じた。

【画像】アル・パチーノが怖い!1983年版『スカーフェイス』

 同作はユニバーサル・ピクチャーズのもとで数年前から企画されていた作品で、当初は映画『NO』のパブロ・ラライン、『エンド・オブ・ホワイトハウス』のアントワーン・フークアなどが監督候補に挙がっていたが、いずれも降板。その後、新たにコーエン兄弟が脚本を執筆し、『最後の追跡』のデヴィッド・マッケンジーや『パトリオット・デイ』のピーター・バーグらが候補に挙がったがかなわず、2017年5月に『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督に決まった。ところが彼のビジョンがユニバーサルのものよりダークだったことから意見が合わず、2017年7月にエアー監督も離脱。これにより2018年3月、ユニバーサルは再びフークア監督と交渉に入った。

 だがこの度、Colliderがサンダンス映画祭で「リメイク版『スカーフェイス』に出演するのか?」とディエゴに尋ねたところ、彼は「いいえ、僕は出演しません」と答えたようだ。今のところ、フークア監督がメガホンを取る予定のようだが、今年のユニバーサルの公開映画のスケジュールから外されており、キャスト陣を選考して制作に入るのには当分時間がかかりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]