シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マイティ・ソー バトルロイヤル

公式サイト:http://MARVEL-JAPAN.JP/THOR_BR
マイティ・ソー バトルロイヤル
(C) Marvel Studios 2017
英題:
THOR RAGNAROK
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年11月3日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・ジャパン
製作会社:
マーベル・スタジオ
カラー

見どころ:『アベンジャーズ』の一員であるソーを、クリス・ヘムズワースが演じたアクションシリーズの第3弾。ソーのハンマーを破壊するほどの力を持つ敵が登場し、宇宙の果ての星でとらわれの身となったソーが戦う姿を活写する。クリスやロキ役のトム・ヒドルストンに加え、ヘラ役で『ブルージャスミン』などのケイト・ブランシェットが出演。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』などのタイカ・ワイティティが監督を務める。

あらすじ:アベンジャーズのメンバーであるソー(クリス・ヘムズワース)の前に、邪悪な敵ヘラ(ケイト・ブランシェット)が出現する。ヘラはソーの武器ムジョルニアを破壊し、ソーを宇宙の果てへと飛ばしてしまう。とらわれの身となったソーは、脱出を懸けてチャンピオンと対決することになり、彼の前に現れたのは……。

マイティ・ソー バトルロイヤル
(C) Marvel Studios 2017

映画短評

  • なかざわひでゆき
    『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』も真っ青のコミカル路線
    ★★★★
    »読む«閉じる

     あれ?『マイティ・ソー』シリーズって、こんなにふざけてたっけ!?と少々面食らってしまうくらいのコミカル路線。前作『ダーク・ワールド』でもユーモラスな味付けはなされていたが、今回はのっけから『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』も真っ青のぶっ飛び具合だ。
     ソーとロキの夫婦漫才ならぬ兄弟漫才もノリノリ。2人ともなんだかやけに仲良くなってるし、そもそもロキなんかすっかりお茶目なイタズラっ子キャラだし。過去の因縁や確執もどこ吹く風。でも、この時に反目しつつも助け合う兄弟愛の微笑ましさが本作の最大の魅力でもある。映像的な遊びをふんだんに盛り込んだ、タイカ・ワイティティ監督の演出も自由で楽しい。

  • くれい響
    キャストの悪ノリ感がハンパない!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の成功もあってか、シニカルな笑いを得意とするタイカ・ワイティティ監督が、まさかの抜擢である。TIFFで上映された『イーグルVSシャーク』にしろ、出世作『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』にしろ、負け組応援映画ばかり撮る監督だけに、ソーはこれまで以上にヒドい目に遭う。しかも、不死身すぎる弟・ロキ様だけでなく、盟友ハルクとも掛け合い漫才を展開するなど、そのアホ度は過去最高。そのほか、死の女神を演じるケイト・ブランシェットに、革命家役を怪演する監督など、キャストの悪ノリ感がみどころだろう。ちなみに、バトルロイヤル感はあまりないが、かなり「応援上映」向きとみた。

  • 平沢 薫
    神兄弟の二次創作のようなやり取りが楽しい
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ソーとロキの絡みが楽しい。二次創作のような神兄弟のやり取りがたっぷりで、狙いすぎ? いやこれはサービスってもの。加えて、ソーのキャラに以前からあったコミカルな部分を抽出拡大。ソーとハルクのボケ同士のようなコンビぶりもお似合い。第2作のダークでシリアスな世界とは真逆の、カラフルでコミカルな世界が描かれる。
     そのうえで、ちゃんと原点が北欧神話であるという格調はキープ。この世界の創世記を描く天井壁画の演出や、スローモーション映像場面の18世紀絵画のタッチ、北欧神話に登場するクリーチャーの起用はそのため。そして、この三部作が"家族"と"侵略"の物語であるという原点に立ち返っているのも見事だ。

  • 斉藤 博昭
    ソーとハルクの筋肉合戦を、作品単体で楽しめる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品は普通にスッキリ面白い。だから今作も予想どおり面白い。しかも「アベンジャーズ」の本線とあまり深くシンクロしないので、単体作品として楽しめる。ただ、ソーとハルクという2大筋肉キャラをメインにしたのだから、ユーモアや痛快さがもっと突き抜けて良かった気も。
    ケイト・ブランシェットが演じるということで悪役キャラの革新も期待したが、そこも予想の範囲内。キャラが立った悪役が多いDCに比べ、MCUでの悪役の表現はつくづく難しいと実感する。LGBTのキャラ(一瞬だが、確実にそうだと思わせる描写アリ)の登場は新鮮だった。

予告編・動画

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版予告編
映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版ティザー予告編
ダジャレ付き日本向けメッセージ 映画 『マイティ・ソー バトルロイヤル』コメント映像
ソーとハルクの再会シーン 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』本編映像

» 『マイティ・ソー バトルロイヤル』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) Marvel Studios 2017

ポスター/チラシ

  • 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』ポスター
    ポスター
  • 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』豪華プレミアム付ムビチケカード・セット限定、3作品のマーベルコミックカバー・ポストカード3枚セット+オリジナル・スチールケース
    『マイティ・ソー バトルロイヤル』『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』豪華プレミアム付ムビチケカード・セット限定、3作品のマーベルコミックカバー・ポストカード3枚セット+オリジナル・スチールケース
  • 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』コレクタブル・カードセット
    コレクタブル・カードセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

プロダクションデザイン: ダン・ヘナ / ラ・ヴィンセント
視覚効果監修: ジェイク・モリソン
ビジュアル開発監修: アンディ・パーク
キャスティング: サラ・ハリー・フィン

キャスト

ヘイムダル:
グランドマスター:
ヴァルキリー:
スカージ:
ハルク/ブルース・バナー:
ヴィラン:
ヴァルキリー:
ソー:
ロキ:
ハルク/ ブルース・バナー:
コーグ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マイティ・ソー バトルロイヤル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マイティ・ソー バトルロイヤル 評価と感想/宇宙兄弟漫才+マイティ無双 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年11月8日 12時47分)
    ウチの姉ちゃんマジ最凶最悪 ☆5点 マーベル・シネマティック・ユニバースの第17弾で『マイティ・ソー』シリーズの3作目。 監督はタイカ・ワイティティ、主演はクリス・ヘムズワース、共演にトム・ヒドルストンとケイト・ブランシェット 予告編 「マイティ・ソー バトルロイヤル」日本版本予告復讐に燃える最強の“死の女神”ヘラVS.マイティ・ソー率いる型破りのチーム“リベンジャーズ”。 誰にも止められない!限界突破のバトル・アクション・エンターテイメント。今、新『アベンジャーズ』へのカウントダウンが始まる! ア&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月30日の週の公開作品
  3. 『マイティ・ソー バトルロイヤル』