シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ダウンサイズ
(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
英題:
DOWNSIZING
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年3月2日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
東和ピクチャーズ
シネマスコープ/SRD

見どころ:『サイドウェイ』『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』などのアレクサンダー・ペインが監督を務めたコメディー。人間を14分の1に縮小する計画に参加する主人公を、『オデッセイ』などのマット・デイモンが演じる。『イングロリアス・バスターズ』などのクリストフ・ヴァルツ、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのクリステン・ウィグらが共演。ペイン監督と『サイドウェイ』でも組んだジム・テイラーが脚本を担当した。

あらすじ:人間を14分の1のサイズにする技術が発明され、人口増加、経済格差、住宅などの問題解決に挑む人類の縮小計画がスタートする。妻のオードリー(クリステン・ウィグ)と共にその技術を目の当たりにしたポール(マット・デイモン)は、体を小さくすることで生活に関わるコストも縮小できることから現在の資産でも富豪になれると知って興奮し、縮小化を決意する。晴れて13センチになったポールだったが……。

ダウンサイズ
(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

映画短評

  • 清水 節
    米国版ウルトラQ「1/14計画」の縮小世界もアンチ楽園だった
    ★★★★
    »読む«閉じる

     人類が抱える人口過密、環境汚染、経済格差…といった問題を一挙に解決する人間縮小化計画。ハリウッド映画を観慣れた脳は、もっと冒険を!と物足りなさを感じるかもしれない。SFアプローチは、視覚的なフックを用意して人間の悲哀をより深化させるためのもの。縮小化に臨む段になって妻の裏切りに遭う主人公。アレクサンダー・ペイン作品における計画は常に上手く行かず、主人公はおろおろし始める。マット・デイモンの陥る哀れで滑稽な状況こそ本作の真骨頂。希望が叶う楽園などなく、人は身近な人間関係に希望を見出し、ささやかな幸福を掴むしかない。日本の高度成長期の傑作『ウルトラQ』の一篇「1/8計画」を推し進めた悲喜劇だ。

  • 山縣みどり
    詰め込みすぎたせいでメインテーマが行方不明に!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    地球の資源・環境問題を憂えた科学者が人間を縮小させる技術を開発したというつかみはユニークだし、実践する人が現れることでさまざまなトラブルや葛藤が起こるのにも納得。ただA・ペイン監督には色々と伝えたいことが多すぎたようで、貧困格差や政治問題、新技術が悪用される危険性、拝金主義への嫌味とサブプロットが次々と。でも肝心な(と私が思っている)環境問題に関するメッセージが「?」なものに。今を一生懸命に生きるのはいいけど、200~300年後の地球のことも考えようよ! マット・デイモン演じる主人公ポールも魅力ゼロ。腰が座ってないというか、何事も中途半端。性格が超きつい女活動家が彼には惹かれないでしょう。

  • 森 直人
    脳内で噛んでるうちにだんだん好きになってきました
    ★★★★
    »読む«閉じる

    アレクサンダー・ペイン監督がこんな飛び道具を扱うのは初めて。いつもバランス抜群の語りで魅せる彼の、珍しく必死な格闘ぶりに稀有な味がにじみ出る。コスパの良さで釣るにはリスク高すぎ!という初期設定の奥にある意図が、驚きの後半で補完される展開。キャッチーな前半、デカい観念に挑む後半という二部構成感が面白い。

    ただし大枠は『サイドウェイ』や『ファミリー・ツリー』と同じく、屈託を抱えた大人の冒険物語。人生を取り戻すための心の旅、とまで言えば完全にペイン定番の主題で、やはり核にあるのは「幸福論」なのだ。M・デイモンの生真面目さが素晴らしいが、目立つのはホン・チャウと、バブリー親父なクリストフ・ヴァルツ!

  • くれい響
    小さいことはいいことか?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    アレクサンダー・ペイン監督作だけに、おバカコメディでもなく、動物に襲われるような『ミクロキッズ』な展開にもならない。13?になって第二の人生を歩き出した主人公は妻に裏切られ、ベトナム人活動家との出会いで人種問題について考え、やがては環境問題に直面していく。『オデッセイ』に続き、サバイブしようとするマット・デイモンの逆境キャラや、オスカー候補も納得な“猟奇的な活動家”ホン・チャウの好演に加え、先の読めない展開もあって、135分の長尺はあまり気にならない。ただ、あまりに大風呂敷を広げすぎたあまり、モヤモヤが残るのは否めない。クリストフ・ヴァルツとウド・キアのただならぬ2ショットに免じて、★おまけ。

  • 猿渡 由紀
    アレクサンダー・ペインにしてはスケールが大きい話
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    アレクサンダー・ペインにしては、かなり異質な作品。映画の前半は、経済的に楽になるからという理由で妻と一緒に体を小さくすることを決める、主人公の個人的な物語。ここは、普通の人たちの生活をユーモアたっぷりに描いていて、とてもペインらしい。だが、映画が3分の1ほど進んでからは、環境問題とか、社会の格差だとか、果てはノアの箱船のような、やたら大きな話になっていく。前半と後半で違う映画になったようで、なんとなくまとまりがない感じがした。だが、アイデアはもちろん、ビジュアルもユニークで、新しいことに挑んだペインの野心は評価したい。

予告編・動画

マット・デイモンら出演!映画『ダウンサイズ』予告編
マット・デイモンが13センチに縮小する…映画『ダウンサイズ』海外版予告編
マット・デイモンが13cmの手のひらサイズに『ダウンサイズ』特報
マット・デイモンが13?に縮んだ友人と面白トーク!『ダウンサイズ』本編映像

» 『ダウンサイズ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012

(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『ダウンサイズ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ダウンサイズ』チラシ
    チラシ

キャスト

ポール・サフラネック:
オードリー・サフラネック:
ドゥシャン・ミルコヴィッチ:
ノク・ラン・トラン:
ヨリス・コンラッド:
デイヴ・ジョンソン:
ジョフ・ロノフスキ:
ローラ・ロノフスキ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ダウンサイズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ダウンサイズ 評価と感想/ハリウッドっぽくないヘンテコな映画 from eigamanzaiの映画レビュー (2018年3月10日 16時25分)
    この世は誰と生きるか ☆4.5点 『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』でアカデミー脚色賞最多受賞者のひとりであるアレクサンダー・ペイン監督・製作・脚本によるオリジナルコメディ作品で主演はマット・デイモン、共演にクリステン・ウィグ、クリストフ・ヴァルツ、ホン・チャウ 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) ダウンサイズ映画『ダウンサイズ』の作品情報:『サイドウェイ』『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』などのアレクサンダー・ペインが監督を務めたコメディー。人間を14分の1に縮小する計画に参加する主人公&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月26日の週の公開作品
  3. 『ダウンサイズ』