シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ワンダーストラック
PHOTO : Mary Cybulski (C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
英題:
WONDERSTRUCK
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年4月6日
(角川シネマ有楽町ほか)
上映時間:
配給:
KADOKAWA
カラー/5.1ch/シネマスコープ

見どころ:『キャロル』などのトッド・ヘインズが監督を務め、『ヒューゴの不思議な発明』の原作などで知られるブライアン・セルズニックの小説を映画化。二つの時代を背景に、2人の子供が大事なものを取り戻す旅に出る様子を映し出す。子供たちを『ピートと秘密の友達』などのオークス・フェグリーと、本作が映画初出演で自身も聴覚障害のあるミリセント・シモンズが演じる。共演は『アリスのままで』などのジュリアン・ムーア、『マリリン 7日間の恋』などのミシェル・ウィリアムズら。

あらすじ:1977年ミネソタで、母親を事故で失いおばに引き取られた少年ベン(オークス・フェグリー)は、母の遺品の中に実父につながる手掛かりを発見する。その50年前の1927年ニュージャージーで、聴覚障害のローズ(ミリセント・シモンズ)は両親の離婚後、厳しい父親と暮らしていた。いつも一人ぼっちの彼女は、憧れの女優の記事をひそかに集めており……。

ワンダーストラック
PHOTO : Mary Cybulski (C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

映画短評

  • 山縣みどり
    映画にしか作れないマジカルな世界観に見入ってしまう
    ★★★★
    »読む«閉じる

    1927年と1977年のNYを舞台に描かれる少女ローズと少年ベンの冒険譚には、映画の幕開けと同時にぐいぐい引き込まれてしまった。ディテールに凝るT・ヘインズ監督らしい映像美が素晴らしく、耳の聞こえないローズの少女時代をモノクロの無声映画としたアイデアは秀逸。これがデビューのM・シモンズの達者な演技は、人気女優役のJ・ムーアよりも表現力豊かだ。聴覚を失くした孤独な子供たちがたどりつく自然史博物館が彼らを結びつける重要な鍵となるのも、NY好きにはたまらない。スクリーンに映し出されるマジカルな世界観に魅了された後にはきっと、自然史博物館の狼ジオラマとクイーンズ美術館のNY市ジオラマを見たくなるはず。

予告編・動画

2人の少年少女が時を超えて交錯…映画『ワンダーストラック』予告編

» 『ワンダーストラック』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011

PHOTO : Mary Cybulski (C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

ポスター/チラシ

  • 映画『ワンダーストラック』ポスター
    ポスター
  • 映画『ワンダーストラック』チラシ
    チラシ
  • 映画『ワンダーストラック』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ワンダーストラック』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

エグゼクティブプロデューサー・衣装デザイナー: サンディ・パウエル

キャスト

ジェイミー:
リリアン・メイヒュー/ローズ:
ウォルター:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ワンダーストラック』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ショートレビュー「ワンダーストラック ・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年4月18日 22時26分)
    この街は、すべてがワンダー。 「キャロル」のトッド・ヘインズ監督の最新作は、ニューヨークを舞台に、時系列の異なる二つの小さな冒険物語が絡み合う、ミステリアスな寓話劇。 1977年、ミネソタ州ガンフリントに暮らす少年ベンは、最愛の母を突然亡くし、自らも事故で聴覚を失う。 彼は母の残した一冊の本、「ワンダーストラック 」を手がかりに、顔も見たことのない父親を探して未知の世界へと旅立つ。... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ワンダーストラック」:見事な1927/1977の再現 from 大江戸時夫の東京温度 (2018年4月16日 23時27分)
    映画『ワンダーストラック』は、トッド・ヘインズ監督作品ですが、原作&脚本があの傑 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ワンダーストラック 評価と感想/スペイス・オディティあまり関係無かった from eigamanzaiの映画レビュー (2018年4月9日 23時43分)
    目次 母への郷愁があまり感じられず ☆3点予告編映画データあらすじネタバレ感想鑑賞データ 母への郷愁があまり感じられず ☆3点 『ヒューゴの不思議な発明』の原作者ブライアン・セルズニックの2011年に出版されたジュブナイル小説の映画化。 監督はトッド・ヘインズ、主演は子役のオークス・フェグリー、共演にジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) ワンダーストラック映画『ワンダーストラック』の作品情報:『キャロル』などのトッド・ヘインズが監督を務め、『ヒューゴの不&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年4月2日の週の公開作品
  3. 『ワンダーストラック』