ADVERTISEMENT

マーク・ラファロが巨大企業の隠蔽を暴く…アン・ハサウェイら共演『ダーク・ウォーターズ』12月公開

『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ポスタービジュアル
『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ポスタービジュアル - (C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

 トッド・ヘインズが監督を務める映画『DARK WATERS(原題)』の邦題が『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』に決定し、12月17日よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開されることが明らかになった。

ロバート・ダウニー・Jr&マーク・ラファロ!マーベル仲良しギャラリー【写真】

 本作は、巨大企業の隠蔽を暴き出した一人の弁護士の実話にもとづく物語。キャストにはマーク・ラファロアン・ハサウェイティム・ロビンスビル・キャンプヴィクター・ガーバービル・プルマンといった顔ぶれが揃う。『エデンより彼方に』『ベルベット・ゴールドマイン』『キャロル』『ワンダーストラック』などで知られるヘインズ監督がメガホンをとる。

ADVERTISEMENT

 1998年、オハイオ州の名門法律事務所で働く企業弁護士ロブ・ビロットがウェストバージニア州パーカーズバーグで農場を営むウィルバー・テナントの依頼を受け、大手化学メーカーのデュポン社に立ち向かうことになる。工場からの廃棄物によって土地を汚され、190頭もの牛を病死させられたというウィルバー。ロブは廃棄物に関する資料開示を裁判所に求めると、デュポンが発ガン性のある有害物質の危険性を40年間も隠蔽し、その物質を大気中や土壌に垂れ流してきたことが判明する。ロブは7万人の住民を原告団とする一大集団訴訟に踏みきるが、法廷闘争はロブを窮地に陥れていく。

 企画の始まりは、環境活動家でもあるマーク・ラファロが2016年1月6日のニューヨーク・タイムズ紙に掲載された記事を目にしたことだという。プロデューサーも兼任して映画化に向けて動き出し、実際のロブ・ビロット本人への取材を行うなど入念な役づくりを行なった。そしてマークからの直々のオファーによりヘインズ監督が実話にもとづく社会派リーガル・ドラマという新境地に挑む。

 公開されたポスタービジュアルには、マークふんする主人公のロブが真っ暗な部屋で一つの明かりを灯し、膨大な資料を読み漁っている姿が切り取られている。「真実に光をあてるために どれだけのもの失う覚悟があるのか」と添えられたコピーにより、無謀とも思える巨大企業との闘いに挑んだロブの苦難と葛藤が垣間見える仕上がりとなっている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT