シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ファントム・スレッド

公式サイト:http://www.phantomthread.jp/
ファントム・スレッド
(C) 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved
英題:
PHANTOM THREAD
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年5月26日
(シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド / パルコ
カラー/ビスタサイズ

見どころ:『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督とダニエル・デイ=ルイスが再び組んだドラマ。1950年代の英国ファッション界で活躍するオートクチュールの仕立屋と、若きウエイトレスとの愛の軌跡を描く。ダニエルは裁縫師のもとでおよそ1年間衣装作りを学んでから撮影に臨んだ。『コロニア』などのヴィッキー・クリープス、『家族の庭』などのレスリー・マンヴィルらが共演。音楽をレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドが担当している。

あらすじ:1950年代のロンドン。仕立屋のレイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)は、英国ファッション界で名の知れた存在だった。ある日、ウエイトレスのアルマ(ヴィッキー・クリープス)と出会った彼は、彼女をミューズとしてファッションの世界に引き入れる。しかし、アルマの存在が規則正しかったレイノルズの日常を変えていく。


映画短評

  • 森 直人
    PTA初の「男脳・女脳」系映画ですよ!(もちろん傑作)
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    なんと英国の物語!ってのはある種隠れ蓑で、実のところコレは最もP・T・アンダーソンの「自分語り」に近いのでは? 孤高のオートクチュール職人、完璧主義者のデザイナーが主人公だが、顧客がいてナンボという商業性との兼ね合いが映画監督の仕事に共通するとアンダーソンは語っている。そして理想的なミューズとして迎えたモデルが「普通」の女子だっていうジレンマ!

    ウケたのが「サプライズ」をめぐる相違のエピソード。そりゃもう哲学者カントの日常に爆弾を落とすようなものだろう。オタク男と世俗パワー全開妻の痴話げんかを異常な緊張感で『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のヴァリエーション的な主従関係劇に仕立てる腕は圧巻!

  • 斉藤 博昭
    上質なベルベットかシルクの肌ざわり感。オスカー候補も納得
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    P・T・アンダーソン監督のここ数作の中では、ひじょうに感情移入しやすい作品。もちろん彼の作品なので、主人公たちの性格は、かなり屈折しており、言動が極端だったりするのだが、その「気持ち」がすんなり理解できるのは、端正な映像美と、細かい動きまで工夫が伝わるオスカー俳優の演技が、様式的にハマっているからだろう。

    何と言っても素晴らしいのは、音楽だ。映像と演技を引き立て、観る者に快感を誘うメロディとリズム。これぞ、映画音楽の見本! いや芸術の見本! 音楽が途切れることで生まれるストーリーの緊迫感も尋常ではない。音楽はエンドロールまで計算されており、極上のひとときを過ごした余韻に浸る。

  • 猿渡 由紀
    見た目に美しいが、それだけではない
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ダンディなクチュールデザイナーに目をつけられた若いウエイトレス。仕事に恋するナルシストの彼は、結婚しない主義だと宣言している。しかし、一見、無垢で無邪気な彼女の中では、どうしても彼を自分だけのものにしたいという思いが密かに募っていた。その執着は恐ろしく、同時にややコミカルで、共感もできる。舞台は50年代の上流社会。ゴージャスなドレスやご馳走が次々に登場するビジュアルは美しいが、それだけで終わりの薄っぺらい映画では決してない。成功者だが人間的に欠陥もある主人公を、ダニエル・ディ=ルイスが名演。本当にこれが彼の最後の映画ならば、とても悲しい。

予告編・動画

美しすぎる…『ファントム・スレット?』30秒予告

» 『ファントム・スレッド』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ファントム・スレッド』ポスター
    ポスター

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ファントム・スレッド』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年5月21日の週の公開作品
  3. 『ファントム・スレッド』