シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

ギャングース (2018)

2018年11月公開 120分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ギャングース
(C) 2018「ギャングース」FILM PARTNERS (C) 肥谷圭介・鈴木大介/講談社

見どころ

ルポライターの鈴木大介による取材を基に、裏社会の実態を描いた肥谷圭介の漫画を実写映画化。少年院で出会った3人の少年が、裏社会でもがく姿を捉える。社会に見放された若者たちに、『逆光の頃』などの高杉真宙、バラエティー番組でも活躍している加藤諒、『勝手にふるえてろ』などの渡辺大知がふんする。『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠がメガホンを取った。

あらすじ

親に虐待され、学校にも通えず青春期を少年院で過ごしたサイケ(高杉真宙)、カズキ(加藤諒)、タケオ(渡辺大知)は、生き抜くために犯罪者だけを標的に盗みを繰り返す「タタキ」稼業で生計を立てることにする。被害に遭っても表沙汰にできない裏稼業や、悪徳業種の収益金を狙って危ない橋を渡るうちに、いつしか三人は後戻りできないところに足を踏み入れていた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
製作・配給
  • キノフィルムズ
  • 木下グループ
制作プロダクション
  • アミューズ
  • パイプライン
カラー
(TOHOシネマズ日比谷ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]