シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
トレイン・ミッション
(C) STUDIOCANAL S.A.S.
英題:
THE COMMUTER
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ/イギリス
日本公開:
2018年3月30日
(TOHOシネマズ日比谷ほか)
上映時間:
提供:
ポニーキャニオン
配給・提供:
ギャガ
カラー/シネマスコープ/5.1chデジタル

見どころ:『アンノウン』『フライト・ゲーム』『ラン・オールナイト』のジャウマ・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンが再び組んだ緊迫のサスペンス。リストラされた主人公が、通勤電車の中で困難なミッションに挑む。『マイレージ、マイライフ』などのヴェラ・ファーミガ、『ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠』などのパトリック・ウィルソン、ドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」などのジョナサン・バンクスらが共演する。

あらすじ:保険会社に勤めて10年がたつ60歳のマイケル(リーアム・ニーソン)は突然解雇され、今後のローン返済や息子の学費のことが頭をよぎる。いつもの電車で帰宅途中の彼の前に面識のない女性が座り、三つのヒントを頼りに乗客の中から大切な荷物を持った人物を捜し出せば、10万ドルを支払うと持ち掛けてくる。

トレイン・ミッション
(C) STUDIOCANAL S.A.S.

映画短評

  • 相馬 学
    ヒッチコックの正しき後継者が、またも快作を!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     サスペンス・スリラーというジャンルにこだわり、ヒッチコックの後継者というべき活躍を見せているJ・コレット=セラ監督。今回も、その手腕は期待を裏切らない。

     通勤電車内という限定空間とタイムリミットの設定は3作前のフライト・ゲーム』を思わせるが、駅への停車や、車窓から見えるものを活かす巧妙なつくりはさすが。ドキュメント風の画作りも現実味を感じさせるうえで効果的だ。

     監督とは4度目のタッグとなるL・ニーソンは、戦闘のスキルがあり、タフで、誠実だが、困っている男……という、“らしい”役。ヒッチコック作品におけるケーリー・グラントのような安定感を覚えさせるに十分だ。

  • 猿渡 由紀
    エスケープ映画なのはわかっているけれど
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    娯楽アクションスリラーは楽しませてくれるのが一番。その目的を果たしてくれれば、重箱の隅をつつくようなことをいちいち言わなくても良い。とはわかっていても、いくらなんでもこれはないだろうと思う展開が、今作にはしばしば(ネタバレにならないよう、例を挙げるのはやめておく)。「96時間」で55歳にしてアクションヒーローの仲間入りをして以来、リーアム・ニーソンは遅く訪れたそのステイタスを楽しんでいるようだが、こういうのをやれる時間はもうあまりないだけに、もう少しじっくり選んでほしいと思う。

  • くれい響
    リストラ父さん、通勤電車で謎を解く
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    もはや、どんなシチュエーションでもハズレなしのジャウマ・コレット=セラ監督作。冒頭からリストラ宣告を受け、気力喪失。なんとなく10万ドルの報酬に乗ってしまったばかりに、散々な目に遭うリーアム・ニーソンだが、今回もしっかり“元警官”というズルい設定があるため、なんでもアリな状態で突き進む。『バルカン超特急』『見知らぬ乗客』など、ヒッチコック作品のオマージュも見られるなかでの展開される、謎の人物“プリン探し”(断じて横山ではない)は、心地良い緊張感を味わえることをお約束。『死霊館』シリーズのウォーレン夫妻の共演も嬉しいが、真犯人の計画に関しては、「何もそこまで!」と思ってしまうのもムリはない。

  • 平沢 薫
    次から次へとイベントが起きて飽きさせない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     テンポがものすごくいい。不要なものを映し出さない。ストーリー展開が飽きさせない。通勤列車の中という限定空間が舞台だが、主人公は列車の端から端まで動き回る。謎解きも一つではない。主人公は、何に巻き込まれたのか。それはなぜなのか。途中である人物を探さなくてはならなくなるが、それをどうやって探すのか。それは誰なのか。しかも車内には、彼の行動を阻止しようとする人物もいる。次から次へとイベントが起きて、しかも展開が意外で 、飽きさせない。
     原案&脚本のコンビ、バイロン・ウィリンガー&フィリップ・デ・ブラシは本作が初長編映画の新鋭らしく、今後の新作が気になる。 

予告編・動画

リーアム・ニーソンが通勤電車でノンストップサスペンス!『トレイン・ミッション』予告編
斎藤工&板谷由夏が 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』など3月末~4月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『トレイン・ミッション』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) STUDIOCANAL S.A.S.

ポスター/チラシ

  • 映画『トレイン・ミッション』ポスター
    ポスター
  • 映画『トレイン・ミッション』チラシ
    チラシ
  • 映画『トレイン・ミッション』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『トレイン・ミッション』オリジナルチケットホルダー
    オリジナルチケットホルダー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

プロダクションデザイン: リチャード・ブリッジランド

キャスト

マイケル・マコーリー:
ホーソーン警部:
カレン・マコーリー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『トレイン・ミッション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「トレイン・ミッション」:アクションと空間の描写がヘタで・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2018年4月10日 22時15分)
    『トレイン・ミッション』ってタイトルは、いかにもインチキ英語の邦題くさいなーと思 ...[外部サイトの続きを読む]
  • トレイン・ミッション 評価と感想/電車内をウロウロするリーアム from eigamanzaiの映画レビュー (2018年4月4日 21時12分)
    目次 力技でねじ伏せた感じ ☆3.5点予告編映画データあらすじネタバレ感想鑑賞データ 力技でねじ伏せた感じ ☆3.5点 監督ジャウマ・コレット=セラ×主演リーアム・ニーソンのコンビによるアクションスリラーの第四弾で、通勤電車を舞台にリストラされたばかりの保険営業マンが巻き込まれるサスペンス。共演にヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、サム・ニール 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) トレイン・ミッション映画『トレイン・ミッション』の作品情報:『アンノウン』『フライト・ゲーム』『ラン・オール&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『トレイン・ミッション』★通勤列車内の人探しがスゴイことに!(>_ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年4月1日 17時25分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173090/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原題: THE COMMUTER 主演: リーアム・ニーソン☆ ←楽しみ☆ リーアムは、家族のために奮闘する、アクション・パパがバッチリです!(^^)/ ハラハラさせるサスペンスアクションですが 絶対、リーアム・パパが最後に勝... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年3月26日の週の公開作品
  3. 『トレイン・ミッション』