『サイコ』名場面が、「映画の中の最高の死」に決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 トータル・フィルム誌が行った、映画の中の最高の死のシーンを決める投票で、1960年のアルフレッド・ヒッチコック監督作『サイコ』が1位に選ばれた。ジャネット・リーの演じる女性のシャワー室での殺人シーンは後の映画にも大きな影響を与えた。2位に選ばれたのは、スタンリー・キューブリック監督の1964年の作品『博士の異常な愛情』、3位には1933年版『キングコング』が選ばれた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]