ケイト・ウィンスレット、アレン作品を降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ウディ・アレン監督が全編イギリスで撮影する新作で、出演が決まっていたケイト・ウィンスレットが降板を決めた。ウィンスレットは、新作『ファインディング・ネバーランド』(原題)のキャンペーン活動と、夫であるサム・メンデス監督の新作の製作が重なり、この夏は家族と過ごす時間が無くなってしまうことから、今後のスケジュールを調整したいようだ。関係者は、「ケイトは、ウディの映画に出られないことをとても悲しんでいる。でも、家族の近くにいる必要があるんだ」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]